当事務所のコンテンツ集【よくわかる相続と遺言書のマニュアル】随時更新中です。こちらもぜひご参照ください。

よくある質問(項目別FAQ)

相続・遺言書FAQ

当事務所に寄せられるご質問等を掲載しております。疑問点などがございましたら、まずはこちらをご参照ください。

行政書士鈴木法務事務所について

当事務所についてのFAQです。

相続人以外でも業務の依頼は可能ですか?

相続に関する業務のご依頼は相続人様からのみ承っております。相続人様以外からの業務依頼は原則として受け付けておりません。

相続について意見が合わず話し合いができない状態なのですが

行政書士は紛争状態の相続案件について相談を受けることができません。このような場合には弁護士へのご相談をお勧めいたします。

なお当事務所では個別に弁護士をご紹介することは行っておりません。弁護士をお探しの際は最寄りの弁護士会等にご相談ください。

土日や祝日でも相談は可能ですか?

当事務所の相談業務は完全予約制となっております。

原則としてご予約のない日は休業日となりますが、事前にご予約いただければ土日祝日でも対応可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。


相続についてのよくある質問

相続や相続手続きなどに関するFAQです。

相続手続きには被相続人の戸籍が必要と言われたのですが?

各種の相続手続き(金融機関の相続手続き、不動産の名義変更等)では、原則として被相続人(亡くなった方)の出生から亡くなるまでのすべての戸籍が必要となります。

これは被相続人の相続人を確認、特定するためです。

この点についてご不明な点などがありましたら、行政書士にご相談ください。

※参考(よくわかる相続と遺言書のマニュアルより)

遺産分割協議書は必ず作成しなければなりませんか?

遺産分割協議書の作成は法定されているわけではありません。

しかし相続人が複数いる場合においては、協議内容の蒸し返しなどを防ぐために作成しておくことを強くお勧めします。

なお遺産の中に不動産が含まれている場合、遺産分割協議書は名義変更手続きにおいて添付しなければならない書面となりますので作成が必要となります。

遺産分割協議書についてご不明な点などがございましたら、お気軽にご相談ください。

※参考(よくわかる相続と遺言書のマニュアルより)


遺言書についてのよくある質問

遺言書に関するFAQです。

遺言書にはどのような種類があるのですか?

一般的に作成される遺言書は、自筆証書遺言と公正証書遺言(秘密証書遺言という形式もありますがほとんど使われていません)です。

ご不明な点や作成方法などについては行政書士にご相談ください。

※参考(よくわかる相続と遺言書のマニュアルより)

代表行政書士プロフィール

埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属。
平成18年の開業当初より、遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組む。これまで相続相談業務、契約書作成業務、公正証書遺言作成に関する支援業務、遺言執行に関する業務や相続・遺言書作成、事業承継に関する講演などで多数の実績がある。
事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、きめ細かな顧客対応を実現し、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。

よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よろしければシェアしてください
よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
行政書士鈴木法務事務所の面談相談をぜひご利用ください

相続・遺言書が専門の行政書士が皆さまの相談に直接対応します。

相談時間はたっぷり2時間。
一日一組様限定です。

まずは行政書士鈴木法務事務所の面談相談をぜひご利用ください。

埼玉県川越市の相続と遺言書相談.com