相続・遺言書専門の行政書士事務所・埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所ホームページはこちら

遺産分割協議書

相続の知識

遺産分割協議書の作り方について

相続に際して遺言書がない場合、被相続人(亡くなった方)の財産を、相続人全員でどのように分けるのかを決めるため、話し合いをしなければなりません。 この相続人間での話し合いを『遺産分割協議』といいます。 遺産分割協議は、相続人の全員が必ず参加しないと無効となりますので注意が必要です。 ...
相続の知識

遺産分割協議の前に発生した収益は誰のもの?

被相続人(亡くなった方)が、株式や収益不動産を所有していたような場合、相続が生じてから遺産分割協議を行うまでの間にも、配当金や家賃収入等の収益が発生してきます。 また、遺産分割協議(相続人同士の話し合い)が成立するまでに、被相続人の口座が凍結されていなければ、預貯金に利息が加算されることもあり...
相続手続き

相続人が海外にいる場合の遺産分割協議について

遺産分割協議というのは、被相続人(亡くなった方)の遺産をどのように配分するのかを、相続人同士で話し合うことです。 遺産分割協議は、原則として相続人となる人が全員参加しなければなりません。 法定相続人が一人でも遺産分割協議に参加しない場合には、その協議は無効となります。 では、もし相...
相続手続き

遺産分割協議書がなくても相続手続きはできますか?

遺産分割協議書は、被相続人(亡くなった方)の遺産を、相続人間でどのように分けるのかを決める話し合いである、遺産分割協議の結果を書面にしたものです。 遺産分割協議書を作成するひとつの目的としては、相続人間で話し合った内容をきちんと書面にしておくことで、後の協議の蒸し返しなどのトラブルを防ぐことが...
相続手続き

遺産分割協議をやり直すことはできる?

遺産分割協議とは、相続人間で、誰がどの財産を相続するのかを話し合って決めることです。 民法では、法定相続人の相続分の割合は定められていますが、具体的に誰がどの財産を相続するのかを決めるのが、遺産分割協議です。 遺産分割協議で相続分を決めた後は、基本的にその合意に沿って遺産分割協議書を作成...
相続手続き

遺産分割協議や相続手続きはいつまでに行えばよいのですか?

遺産分割(相続人間で遺産を分けること)や相続登記などについては、特に法定の期限はありません。 ですから、遺産分割協議を相続人同士がじっくりと行い、相続人全員が納得できる形で遺産分割を行うのが理想です。 しかし、あまりに時間をかけすぎ、不動産などが被相続人(亡くなった方)名義のままになって...
相続手続き

法定相続人が一人の場合でも遺産分割協議書は必要?

遺産分割協議というのは、被相続人(亡くなった方)の遺産を、誰がどれだけ取得するのかを相続人同士で話し合うことです。 そして、遺産分割協議の結果を書面にしたものが、遺産分割協議書となります。 遺産分割協議書は、相続人間の相続分を書面で明確にするという目的だけではなく、例えば相続財産の中に不...
遺言書

遺言書の有無による遺産分割(遺産の分け方)の違い

相続が生じた場合、被相続人(亡くなった方)の遺言書があるかどうかで、遺産分割の方法などは大きく異なります。 具体的には、遺言書があれば原則としてその内容が優先されることになり、遺言書がなければ相続人同士の話し合い(遺産分割協議)で相続する財産を分けていくことになります。
相続の知識

相続における遺産分割協議とは?

相続が開始されると、被相続人(亡くなった方)の遺産をどのように分けるのかを、相続人間で話し合って決める必要があります。 民法には、法定相続分や遺留分といった遺産についての規定がありますが、相続人の全員が合意することで、必ずしもこの規定通りに遺産を分ける必要はありません。 この遺産をどのよ...
相続手続き

相続人は遺産分割協議書を必ず作りましょう

相続人同士の関係が微妙な場合、面倒なことはできればやりたくない、といった理由から、遺産分割協議書を作成しないということがあります。 特に、相続人間でモメた末にやっと成立した遺産分割ほど、遺産分割協議書の作成を敬遠する傾向があります。 やっとのことで遺産分割協議を成立させたのに、そ...
相続手続き

遺産分割協議書を偽造するとどうなりますか?

もし、相続人の中の一人が、遺産分割協議書を偽造・変造して相続手続きを行ってしまった場合、一体どうなるのでしょうか。 もちろん、そのような行為がもし発覚すれば、偽造・変造された遺産分割協議書は当然無効となります。 また、偽造した相続人には、当然のことながら厳しいペナルティが待っています。 ...