遺言執行者カテゴリー一覧

公正証書遺言がおすすめの理由とは?

一般的な遺言書の種類は、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類です。いずれの遺言書も作成方法などが異なるだけであり、法的な効力自体は変わりません。どの方式の遺言書でも、法的な要件をきちんと満たしている限り、有効な遺言書となります。しかし、もしできる限...

遺言書があれば相続手続きは簡単?

一般的に、遺言書があれば相続トラブルを防ぐことができる、とよく言われます。確かに、相続対策という観点においては、遺言書があることで、相続トラブルが生じる可能性をぐっと低くできるのは間違いありません。しかし、相続手続きの負担という面から考えると、単に遺産分割(相続人間でどのように遺産を...

相続における遺言執行者の役割とは?

遺言執行者の主な役割としては、遺言内容の執行(遺言書の内容を実現する)に必要となる各種の手続きを行うことにあります。遺言書の内容によっては、被相続人(亡くなった方)の死亡と同時に効力が生じるものもあれば、遺言の内容を実現するために手続きを要するものもあります。また、遺言書の内容によっ...

遺言執行者の辞任・解任について

遺言執行者とは、遺言の内容を実現するための人です。遺言執行者は、遺言書の中であらかじめ指定しておくのが通常ですが、利害関係者(相続人など)が家庭裁判所に申立てをして決めることもできます。遺言執行者の職務としては、相続財産の管理や各種の名義変更など、主に財産に関する内容を遺言に...

遺言執行者が指定されている場合の相続手続き

遺言執行者とは、遺言の内容を実現するための人です。遺言書の中で指定する場合と、家庭裁判所が選任する場合とがあります。遺言執行者の仕事は、遺言の中でどの範囲まで行うことが指定されているかによって異なります。一般的には、財産の調査や管理、財産目録の作成、預貯金口座の名義変更や解約手続きな...

遺言書に書かれている遺言執行者とは?

遺言執行者というのは、簡単に言うと、遺言書の内容を実現するための人、ということになります。法律上は、相続人全員の代理人ということになっていますが、遺言執行者の役割などを考えると、むしろ被相続人(亡くなった方)の代理人、という方が近いかもしれません。遺言者は、自分の財産を自由に処分する...