自筆証書遺言カテゴリー一覧

自筆証書遺言が無効・取消しとなる主なケース

一般的に作成される遺言書の種類には、自筆証書遺言と公正証書遺言の2つがあります。このうち、自筆証書遺言については文字通り、自分で全文を書いて、自分で保管しておく形式の遺言書です。そして、自筆証書遺言を作成する場合、民法に定められている規定に沿って作成する必要があります。もし、...

自筆証書遺言と公正証書遺言に効力の違いはある?

自筆証書遺言というのは、文字通り自筆で作成された遺言書です。自分で好きな時に書くことができ、費用もほとんどかからない点がメリットのひとつです。一方、公正証書遺言は、公証役場で作成される遺言書です。遺言書を作成する公証人は法律のプロですから、法的な不備で遺言書が無効となることは...

遺言書の保管方法について

遺言書をせっかく作成したとしても、いざ相続となったときに相続人が見つけられなければ、遺言書を書かなかったのと同じことになってしまいます。遺言書が発見されなければ、遺言はなかったものとして、相続人間の遺産分割協議(誰が何を相続するのかという話し合い)によって、遺産分割が行われることになります。...

自筆証書遺言で最低限必要な記載について

自筆証書遺言は、自分で書いて自分で保管しておく、最も手軽な作成方式です。しかし、自筆証書遺言については、法律で定められている方式に沿った形で作成されていないと、遺言書そのものが無効となってしまう場合があります。せっかく相続人のために作成した遺言書が有効に生かされるよう、遺言書はきちん...

遺言書は手書きでなければいけないのですか?

一般的な遺言書(普通方式)は、自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言の3種類です。この中で、すべて自筆(手書き)でなければならないのは、文字通り自筆証書遺言です。自筆証書遺言については、民法で形式が厳格に定められているため、その形式に沿ったものでなければ無効となってしまう場合もあり...

遺言書を見つけたらすぐに開封してよいのですか?~検認手続きについて

一般的な遺言書は、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。この中で、自筆証書遺言、秘密証書遺言については、民法の中で、遺言書の保管者や発見者は、その遺言書を家庭裁判所に提出して、検認の手続きを行わなければならない、と規定されています。つまり、自筆証書遺言または秘密...

遺言書の内容を撤回することはできますか?

まず、撤回というのは、撤回する人の一方的な意思表示によって、その内容をなかったことにすることです。遺言書を作成して年月が経つと、相続人や財産の状況が変わってくることも考えられます。そこで、遺言書を書いた後に、やっぱり違う内容で作り直したい、といった場合、遺言書を書いた人はそれを撤回す...

遺言書の付言事項とは?~相続人へのメッセージ

遺言書には、財産に関することなど以外に、相続人へのメッセージを自由に書き添えることも可能です。このメッセージのことを『付言事項』といいます。付言事項は公正証書遺言についても書き記すことができます。付言事項には、基本的に何を書いても構いません。例えば、『私が亡くなった後は、お母...

遺言書を作成するメリットは?

まず、遺言書は誰でも作成しておくに越したことはありません。相続トラブルというのは、思わぬところから生じることがあるからです。遺言書があることで、相続人にとって様々なメリットがあることはもちろん、自らの意思で自分の財産の分け方を決めておくことができるという点も大きなメリットです。 ...

遺言書が複数出てきたら?

まず、遺言書というのは何度でも書き直すことができます。ですから、自分で書いて自分で保管する形式の自筆証書遺言の場合、遺言者が複数の遺言書を書いているといったケースもあります。複数の遺言書が出てきて、その内容が異なるような場合、どの遺言書が有効であるのかが問題となることがあるのです。 ...

遺言書の種類と特徴について

遺言には、大きく分けて2種類のものがあります。それは、『普通方式』と『特別方式』です。民法では普通方式として『自筆証書遺言』『公正証書遺言』『秘密証書遺言』の3種類と、特別方式遺言を定めています。なお、特別遺言方式については、一般的な生活をされている方はまず使うことがありませ...