小規模宅地等の特例とは?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル

一般的に、個人が所有している土地のうち、居住用や事業用のために使用している土地は、生活していく上で必要不可欠なものです。

こうした土地も相続税の課税対象となりますが、このような土地に対してそのまま相続税を課税した場合、個人の生活基盤を脅かすことになる可能性があります。

そこで、一定の部分については評価額を減額し、課税をしないというのが『小規模宅地等の特例』です。

スポンサーリンク

特例の適用対象となる宅地

この特例の適用対象となる宅地等は下記のとおりです。

居住用宅地等、事業用宅地等を相続人が継続して所有するなどの要件を満たした場合、一定の面積を限度として、土地の評価額を最大80パーセント減額することができます。

居住用宅地等

  • 被相続人が居住している宅地等
  • 被相続人と生計を一にする親族が居住している宅地等

被相続人と生計を一にする親族とは、被相続人と生活を同一にする親族をいいます。

具体的には、被相続人と同居している親族、被相続人に生活費を仕送りしているなどの親族が該当します。

事業用宅地等

  • 被相続人が事業に使用している宅地等
  • 被相続人と生計を一にする親族が事業に使用している宅地等
  • 被相続人やその親族がオーナーとなっている会社が事業に使用している宅地等

小規模宅地等の特例を受ける場合の注意

小規模宅地等の特例を受けるためには、相続税の申告を期限内に行う必要があります。

また、相続争いなどで申告の際に財産が分割できていない場合には、分割できていない土地について、この規定の適用を受けることはできません。

特例を受ける場合は専門家に相談

相続税の申告や特例を受ける場合、相続財産の内容によっては複雑な処理を要することがあります。

相続手続きや相続税の申告にあたっては、やはり税務の専門家に相談するのが安心です。

なお、当事務所では相続手続きはもちろん、税務の専門家とも連携して対応しておりますので、当事務所の窓口ひとつで相談が可能です。

相続手続きや相続税に関する相談についても、お気軽にお問合せください。

スポンサーリンク
行政書士プロフィール

行政書士 鈴木順一
1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。平成18年の開業当初より、遺言書作成・遺産相続手続き、内容証明郵便の作成代行などを中心とした分野を専門として取り組み、これまで相続相談業務、契約書作成業務、公正証書遺言作成に関する支援業務、遺言執行に関する業務や相続・遺言書作成、事業承継に関する講演、内容証明郵便の作成などで多数の実績がある。事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、きめ細かな顧客への対応を実現し、遺言書作成・遺産相続手続き、内容証明郵便の専門家として大きな信頼を得ている。

よろしければフォローしてください