遺産分割はいつまでに行えばよいのですか?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル~埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所

遺産分割や相続登記などについては、特に法定の期限はありません。

ですから、遺産分割協議を相続人同士がじっくりと行い、相続人全員が納得できる形で遺産分割を行うのが大切です。

しかし、あまりに時間をかけすぎ、不動産などが被相続人(亡くなった方)名義のままになっていると、固定資産税の納税や、マンションやアパートといった収益物件を所有しているような場合には、家賃などの管理に不都合が生じる場合がありますので注意しましょう。

相続税の申告期限には注意

ただし、遺産分割や相続登記には期限がありませんが、相続税の納税に関しては期限があります。

相続税の申告は、原則として被相続人が亡くなってから10か月以内に行わなければなりません。

そのため、相続税を納税する必要がある相続については、少なくともこの10か月以内に遺産分割や相続登記を行っておかないと、様々な不利益が生じる可能性があります。

遺産分割協議や相続登記はできるだけ早めに済ませる

ですから、遺産分割協議や相続登記などについても、できるだけ早めに手続きを行うことをお勧めします。

特に、相続人の人数が多く、遺産が多いような場合には、遺産分割協議で相続人全員が合意するまでに時間がかかることもあります。

遺産分割協議が済んだら、できるだけ早めに相続手続きを行うようにしましょう。

なお、相続人の人数が多かったり、相続登記が必要な場合には、迅速な手続きのためにも、専門家に相談しながら進めることをお勧めします。

当事務所でも、遺産分割協議書や各種名義変更等の相続手続きの相談を承っております。また、不動産登記の専門家とも連携して対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

この記事をお届けした
よくわかる相続と遺言書のマニュアルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェック!