相続人を確定する方法について

よくわかる相続と遺言書のマニュアル~埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所

民法では、相続人となる人の範囲や順位が定められています。この民法で定められている相続人のことを、法定相続人といいます。

そして、相続手続きにあたっては、法定相続人が誰なのかを確定する必要があります。

遺産分割協議(相続人間で遺産をどのように分けるかの話し合い)には、相続人が全員参加する必要がありますので、この法定相続人の確定というのは非常に大事な確認になります。

もし、遺産分割協議後に新たな相続人が出てきた場合、その遺産分割協議は無効ということになってしまうからです。

スポンサーリンク

法定相続人を確認する具体的な方法

法定相続人を確認するには、まず被相続人(亡くなった方)の戸籍を取得するところから始めます。

必要な戸籍は死亡時のものだけでなく、被相続人の出生から死亡するまでがつながっている、すべての戸籍です。

この戸籍については、例えば被相続人名義の金融機関の相続手続きや、被相続人名義の不動産があれば、相続人への移転登記が必要となります。

相続人の確定とともに、そうした手続きに必要な添付書類ともなります。

また、被相続人の戸籍の他にも、法定相続人全員の現在の戸籍も必要です。

こうした戸籍を集めたうえで、その戸籍の記載をもとに法定相続人を確定させていきます。

通常の相続手続きでは、相続人を確定、確認するために被相続人(亡くなった方)や相続人の戸籍が必要となります。被相続人のものは出生時から死亡時まですべての戸籍です。 そして、戸籍には戸籍謄本と戸籍抄本があります。 ちなみに、現在は戸籍謄本、戸籍抄本というのは正式名称ではありません。 戸籍謄本は戸籍全部事項証明書、抄本は戸籍個人事項証明書といいます。 しかし、一般的には戸籍謄本、戸籍抄本で十分意味が通じるので、以下、戸籍謄本、戸籍抄本と説明していきます。
相続人を確定したり、各種の相続手続きを行う際には、通常、被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までの戸籍をすべて集める必要があります。 なぜなら、被相続人が生存していた過程の中で、他にも相続人がいる可能性があるからです。そうした人がいるのか、いないのかはともかく、それを公に証明しなければならないのです。 その戸籍を収集するにあたって、『除籍謄本』『改製原戸籍』といった戸籍も取得しなければならない場合が出てきます。 では、この除籍謄本、改製原戸籍というのは、どのようなものなのでしょうか。

戸籍の取得方法

戸籍が取得できるのは、基本的に本籍地のみです。

ですから、例えば九州で生まれて大阪に移り住み、その後東京に引っ越して死亡した、といった場合には、東京の本籍地、大阪の本籍地、九州の本籍地と順番にたどり、それぞれの市区町村役場で取得しなければなりません。

相続人の状況などのケースによっては、数十通の戸籍が必要となる場合もあり、戸籍の取得だけでもかなりの労力と時間がかかることがあります。

なお、戸籍の請求先が遠方であれば、郵送での請求も可能です。

一般的な相続手続きでも、この戸籍を収集する作業と、その内容を確認していく作業が最も大変であり、難しいところでもあります。

相続人の確定は専門家に依頼するのが無難

前述のとおり、被相続人の戸籍をたどっていく作業というのは想像以上に大変な作業です。

また、現在の戸籍とは異なり、昔の戸籍は手書きで非常に読みにくく、重要な記載を見落としてしまう可能性もあります。

もし、戸籍の収集作業で行き詰まってしまった、遺産分割協議書の作成方法が分からないなどといった場合には、やはり相続手続きに詳しい行政書士などの専門家に依頼してしまうのが無難で確実です。

当事務所でも戸籍に関することや相続手続きについての相談を承っております。疑問点やお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください