相続・遺言書専門の行政書士事務所・埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所ホームページはこちら

戸籍謄本と戸籍抄本、相続手続きに必要なのはどちら?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル 相続手続き

通常の相続手続きでは、相続人を確定、確認するために被相続人(亡くなった方)や相続人の戸籍が必要となります。被相続人のものは出生時から死亡時まですべての戸籍です。

そして、戸籍には戸籍謄本と戸籍抄本があります。

ちなみに、現在は戸籍謄本、戸籍抄本というのは正式名称ではありません。

戸籍謄本は戸籍全部事項証明書、抄本は戸籍個人事項証明書といいます。

しかし、一般的には戸籍謄本、戸籍抄本で十分意味が通じるので、以下、戸籍謄本、戸籍抄本と説明していきます。

相続手続きでは戸籍謄本を取得するのが原則

戸籍謄本(全部事項証明書)というのは、戸籍に記載されている世帯全員分の事項が書かれているものになります。

一方、戸籍抄本(個人事項証明書)は、戸籍謄本の一部を抜き出し、戸籍に記載されている一部の人のみが記載されている証明書です。

そして、戸籍を取得する主な目的としては、まず被相続人の相続人が誰なのかを対外的に証明することにあります。

ですから、被相続人の戸籍を取得する場合には、出生時から死亡時までの、戸籍に記載されている全員分の事項が書かれた戸籍謄本を取得しなければなりません。

一方、相続人の戸籍については、相続人の記載があれば問題ありませんので、戸籍抄本でも手続きは可能な場合があります。

ただ、どちらを取得するのか分からない、といったように迷った場合には、戸籍謄本を取得しておけばまず間違いはありません。

相続や戸籍のことで困ったら

一般的な生活の中で、自分の戸籍ですらめったに取得する機会というのはないものです。

まして相続というのは、一生のうちでそう何度も経験するものではありませんので、手続きに必要な戸籍を自分で判断したり、相続人を確認、精査するするのは大変な作業です。

もし、ここで重要な部分を見落としてしまうことがあると、遺産分割協議のやり直しや相続手続きに支障が出るといった可能性もあります。

また、戸籍は本籍地で取得する必要があります。

本籍地が遠方であったり、これまで婚姻や転勤、転居などで何度も転籍しているようなケースでは、戸籍を集めるだけでも相当な時間と労力、手数料などのお金が必要になります。

戸籍の転籍とは?~本籍地の移動について
転籍というのは、現在の本籍地を他の場所に移すことです。 一般的には転居などに伴い、現住所と同じ場所を本籍とする場合が多いのですが、現住所と本籍地が異なる、遠方に転居しても元の住所地に本籍を残している、というケースもあります。 本籍地は日本国内であればどこに置いても差し支えありません。 ...

必要となる戸籍の種類や数がわからない、相続人の状況が複雑などの場合、やはり相続手続きに精通している専門家を活用することも検討してみましょう。

当事務所でも相続手続きなどの相談を承っております。疑問点やお困りのことがある際には、お気軽にご相談ください。

相続・遺言書の相談は埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所
川越で10年以上の経験と実績。相続相談・遺言書作成相談・相続手続き代行は埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所にお任せください。専門の行政書士がみなさまの相談を承ります。 お気軽にお問い合わせください。
相続手続き
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。
【事務所】〒350-1163 埼玉県川越市四都野台21-20 2F
【TEL】049-293-1091(10:00~19:00)

よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よろしければシェアしてください
よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よくわかる相続と遺言書のマニュアル|埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所