戸籍謄本と戸籍抄本、相続手続きに必要なのはどちら?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル~埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所

通常の相続手続きでは、相続人を確定、確認するために被相続人(亡くなった方)や相続人の戸籍が必要となります。

そして、戸籍には戸籍謄本と戸籍抄本があります。

ちなみに、現在は戸籍謄本、戸籍抄本というのは正式名称ではありません。

戸籍謄本は戸籍全部事項証明書、抄本は戸籍個人事項証明書といいます。

しかし、一般的には戸籍謄本、戸籍抄本で十分意味が通じるので、以下、戸籍謄本、戸籍抄本と説明していきます。

相続手続きでは戸籍謄本を取得するのが原則

戸籍謄本(全部事項証明書)というのは、戸籍に記載されている全員分の事項が書かれているものになります。

一方、戸籍抄本(個人事項証明書)は、戸籍謄本の一部を抜き出し、戸籍に記載されている一部の人が記載されている証明書です。

そして、戸籍を取得する目的としては、まず被相続人の相続人が誰なのかを確定することにあります。

ですから、被相続人の戸籍を取得する場合には、戸籍に記載されている全員分の事項が書かれた戸籍謄本を取得しなければなりません。

なお、相続人の戸籍については、相続人の記載があれば問題ありませんので、戸籍抄本でも可能な場合があります。

ただ、どちらを取得するのか分からない、迷ったような場合には、戸籍謄本を取得しておけばまず間違いはありません。

相続や戸籍のことで困ったら

一般的な生活の中で、自分の戸籍ですらめったに取得する機会というのはないものです。

まして相続というのは、一生のうちでそう何度も経験するものではありませんので、手続きに必要な戸籍を自分で判断するのは大変です。

また、本籍地が遠方であったり、これまで何度も転籍しているようなケースでは、戸籍を集めるだけでも相当な労力が必要になります。

このようなことでお困りの際は、相続に詳しい行政書士にぜひご相談ください。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

このコンテンツをお届けした
よくわかる相続と遺言書のマニュアルの最新情報をいいねしてチェック!