相続・遺言書専門の行政書士事務所・埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所ホームページはこちら

お墓の引越し(改葬)の方法や手続きは?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル 相続手続き

一般的には実家が遠方にある場合、お盆休みなどに実家へ帰省した際にお墓参りなどを行うことが多いでしょう。

しかし、例えば遠方に住んでいた実家の両親が亡くなり、実家に誰も住んでいない、あるいは相続に伴って実家を処分してしまった場合などに、遠方までお墓参りに行くのが大変、というケースもあります。

そこで、今後お墓参りに行きやすいよう、お墓の引越し(改葬)することを検討している方が少なくありません。

お墓の改葬については、法律上の手続きが決まっています。

では、お墓を改葬するためにはどのような手続きが必要なのでしょうか。

お墓を改葬する手続きや手順は?

お墓を改葬するには一般的に、次のような手続き、手順で行うことになります。

現在お墓を管理している管理団体や寺院に改葬の意思を伝える

まずは現在、お墓を管理している管理団体や寺院に対し、お墓を改葬したい旨を伝えます。

墓石も一緒に移すかどうかを検討する

比較的新しいお墓の場合には、遺骨と一緒に墓石も移すということも選択肢のひとつです。

石材店に見積もりなどを依頼する

墓石を移す、あるいは解体する場合の費用や、新たに墓石を購入するための見積もりをしてもらいます。

改葬先の墓地や納骨堂との契約

お墓を移す先の墓地を管理する団体などと契約して、永代使用承諾書を発行してもらいます。

現在遺骨が埋葬されている市区町村で改葬許可申請書をもらう

遺骨が埋葬されてる市区町村役場で、改装を行うための許可申請書をもらいます。

新たに墓地を管理する団体に署名捺印をもらう

新たに墓地を管理する団体に改葬許可申請書を渡し、署名捺印をしてもらいます。

改葬許可証を交付してもらう

現在遺骨が埋葬されている市区町村役場に、永代使用承諾書と改葬許可申請書を提示して、改葬許可証を交付してもらいます。なお、改葬許可証は1遺骨につき1枚必要です。

改葬の法要などを執り行う

遺骨が埋葬されている場所で改葬の法要などを執り行い、遺骨を取り出します。

石材店に依頼して墓石の移設・解体を行う

あらかじめ決めておいた石材店に依頼し、墓石の移設または解体を行います。なお、遺骨が埋葬されていた場所については、一般的に更地に戻すことが必要となります。

改葬先の墓地や納骨堂に遺骨をおさめる

新たに埋葬する墓地や納骨堂に永代使用承諾書と改葬許可申請書を渡し、納骨してもらいます。

お墓の改葬には様々な手続きと費用がかかりますが

以上のように、お墓の引越し(改葬)には様々な手続きや手間、費用がかかります。

こうした一連の手続きなどを代行してくれる会社もありますので、そうしたサービスを利用するのも選択肢のひとつでしょう。

また、宗旨・宗派によって改葬を執り行う法要などの方式が異なる場合がありますので、その点も確認しておきましょう。

これから末永く、気軽に子孫が足を運べる場所にお墓があれば、亡くなられた方もかえって喜ぶのではないでしょうか。

相続に関することも重要ですが、お墓のことを考慮しておくことも大事なことです。

相続手続き
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。
【事務所】〒350-1163 埼玉県川越市四都野台21-20 2F
【TEL】049-293-1091(10:00~19:00)

よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よろしければシェアしてください
よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よくわかる相続と遺言書のマニュアル|埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所