相続・遺言書専門の行政書士事務所・埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所ホームページはこちら

姻族関係終了届~配偶者の親族と縁を切るための手続き

よくわかる相続と遺言書のマニュアル 相続手続き

男女が婚姻すると、それぞれの血族は親族関係となります。この関係を姻族(いんぞく)関係といいます。

離婚の場合、この姻族関係は離婚することで解消されることになるのですが、配偶者が死亡した場合(相続)については、姻族関係は解消されず、そのまま親族関係が続きます。

ただ、元々配偶者の親族と関係が良くないないなど、何らかの事情で、配偶者が死亡したことをきっかけに、その配偶者との親族関係を解消したい、という方も中にはいるでしょう。

その姻族関係を解消するための手続きが、『姻族関係終了届』の提出です。

姻族関係終了届を提出すると

姻族関係終了届を提出すると、配偶者の血族との親戚関係が解消されます。

つまり、姻族関係終了届は、配偶者の親族と縁を切るための手続きということです。

その結果、親族関係は解消されることになり、その親族(配偶者の父母や兄弟姉妹など)の扶養義務もなくなります。

このような効果が生じることから、姻族関係終了届は『死後離婚』などとも言われています。

なお、姻族関係終了届を提出しても相続には影響しないため、配偶者の財産の相続権を失うことはありません。

姻族関係終了届の提出先など

姻族関係終了届を提出するのは、夫婦の本籍が置かれている役所です。

主な提出書類、必要なものは次の通りです。

  • 姻族関係終了届の届出書(役所にあります)
  • 亡くなった配偶者の死亡事項が記載されている戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
  • 印鑑

提出書類などは、届出時の状況や役所により異なる場合がありますので、あらかじめ確認しておくのが安心でしょう。

姻族関係終了届には提出期限はなく、亡くなった配偶者の親族の同意なども必要ありません。つまり、自分の意思次第で、いつでも姻族関係を解消することができることになります。

姻族関係終了届を出した後の戸籍について

姻族関係終了届を提出しても戸籍の変動はありませんので、姓はそのままです。

姻族関係は解消したいが姓はそのまま名乗っていきたい、という場合には、特にそのままで差し支えありません。長年名乗ってきた姓を変更するのが難しい場合もあるでしょう。

ただ、姓を婚姻前の旧姓に戻したいという場合には、『復氏届』を役所に別途提出する必要があります。

復氏届を提出することで婚姻前の旧姓に戻り、婚姻前の戸籍に戻るか、旧姓の新しい戸籍が作成されることになります。

自分の父母や兄弟姉妹とは法的に縁を切ることはできませんが、姻族に関しては、このような手続きを経ることで縁を切ることができます。

しかし、姻族関係終了届には提出期限がありません。せっかく縁あって姻族関係になったのですから、慎重に熟慮したうえで決めるようにしましょう。

相続手続き
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。
【事務所】〒350-1163 埼玉県川越市四都野台21-20 2F
【TEL】049-293-1091(10:00~19:00)

よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よろしければシェアしてください
よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よくわかる相続と遺言書のマニュアル|埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所