マイレージを相続することができる場合もあります

よくわかる相続と遺言書のマニュアル

被相続人(亡くなった方)が、海外などへの出張が多かったり、趣味で海外旅行などに多く出かけていた、などといった場合、利用していた航空会社のマイレージが多く残されているというケースがあります。

マイレージというのは、航空会社が行っている顧客へのポイントサービスです。

あまり一般的には知られていませんが、この航空会社のマイレージに関しても、実は相続手続きが可能な場合があるのです。

マイレージの相続手続きはお早めに

前述のとおり、マイレージの相続手続きは、あまり一般的には知られていません。

そもそも、相続人の中には、マイレージという顧客サービスがあること自体を知らない、あるいは相続できることを知らない、という方もいるでしょう。

航空会社によっては、マイレージに関する相続について規約などで定められていることが多いのですが、なかなかこうした細かい規約を隅々まで読んでいる、という方は少ないと思います。

ですから、手続きを行うことなく、そのまま放置されてしまう、ということも多いのです。

しかし、被相続人の預貯金などと同様に、マイレージも被相続人の財産として扱われます。

つまり、相続財産としてマイレージを相続人が引き継ぐことができる、ということです。

ただし、航空会社によっては手続きの期限が定められていることがあります。その期限を過ぎてしまうと、手続きができなくなってしまう場合がありますので注意しましょう。

もしマイレージが多く残されていることがわかったら、できるだけ早めに手続きを行うことをお勧めします。

代表的な航空会社のマイレージ規約

参考 JALマイレージバンク一般規約

参考 ANAマイレージクラブ会員規約

なお、相続手続きに必要な書面等については各航空会社により異なりますので、手続きの際はホームページなどを参照のうえ、各航空会社に問い合わせて確認するようにしましょう。

航空会社によっては、規約でマイレージの承継を認めていない場合もあります。各航空会社会社の規約等を確認してください。

よろしければフォローしてください