銀行の通帳やカードなどを紛失していても相続手続きはできますか?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル~埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所

相続手続きにおいては、被相続人(亡くなった方)の銀行口座があることは間違いなくわかっているが、通帳やカード、印鑑などが見つからない、ということもよくあるケースです。

また、通帳などが見つからなくても、同じ金融機関、支店に複数の口座をもっていた、という場合もあります。

では、そうした場合の金融機関の相続手続きというのは難しいのでしょうか。

ほとんどの場合相続手続きに問題はありません

金融機関の相続手続きについては、通帳やカード、印鑑などを紛失していたとしても、ほとんどの場合、何の問題もなく相続手続きが可能です。

手続きの方法は金融機関によって異なりますが、単に口頭で紛失した旨を伝えれば済んでしまう場合もありますし、金融機関所定の紛失届といったものを提出するような場合もあります。

いずれにしても、通帳や印鑑などを紛失していたとしても、問題なく相続手続きは進められるようになっています。もし、通帳などが見つからないといった場合でも、ご安心ください。

実際、当事務所で手がけた相続手続き等でも、このようなケースで相続手続きが行えなかったことはこれまで皆無です。

なお、当事務所では、金融機関の手続きのみの相談や手続き依頼も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

よろしければフォローしてください

このコンテンツをお届けした
よくわかる相続と遺言書のマニュアルの最新情報をいいねしてチェック!
関連コンテンツ
行政書士プロフィール

行政書士 鈴木順一
1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。平成18年の開業当初より、遺言書作成・遺産相続手続き、内容証明郵便の作成代行などを中心とした分野を専門として取り組み、これまで相続相談業務、契約書作成業務、公正証書遺言作成に関する支援業務、遺言執行に関する業務や相続・遺言書作成、事業承継に関する講演、内容証明郵便の作成などで多数の実績がある。事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、きめ細かな顧客への対応を実現し、遺言書作成・遺産相続手続き、内容証明郵便の専門家として大きな信頼を得ている。