遺産分割協議書がなくても相続手続きはできますか?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル

遺産分割協議書は、被相続人(亡くなった方)の遺産を、相続人間でどのように分けるのかを決める話し合いである、遺産分割協議の結果を書面にしたものです。

遺産分割協議書を作成するひとつの目的としては、相続人間で話し合った内容をきちんと書面にしておくことで、後の協議の蒸し返しなどのトラブルを防ぐことがあります。

遺産分割協議書が必要かどうかは、その相続のケースによって異なります。

相続人が複数いるような場合には、やはり後のトラブルを防ぐためにも作成しておいた方がよいですし、相続手続きにおいても遺産分割協議書が必要となることが多いでしょう。

遺産分割行書がなくても行える手続きはある

前述の通り、基本的に遺産分割協議書は作成しておいた方がよいのですが、相続手続きにあたっては、遺産分割協議書が必要ないケースもあります。

預貯金の相続手続き

通常、ほとんどの金融機関の名義変更や解約といった手続きにおいては、金融機関所定の手続き用紙に相続人全員の署名捺印(実印・印鑑証明を添付)することで相続手続きが可能です。

そのため、預貯金の手続きにおいては、遺産分割協議書の提出が不要な場合があります。

ただし、手続きを行う金融機関によっては遺産分割協議書の提出や提示を求められることがありますので、その場合には遺産分割協議書を作成しておく必要があります。

不動産の相続手続き

相続人が複数いる場合で、相続財産の中に不動産が含まれていると、相続登記(名義変更)の際に遺産分割協議書の添付が必要です。

これは、不動産の名義を誰に変更するのか、ということを確認するためです。

ですから、遺産の中に不動産があり、相続人がその不動産を引き継いで名義変更するような場合には、遺産分割協議書の作成が必要となります。

なお、不動産登記に添付する遺産分割協議書に関しては、書き方や内容に不備があると相続の名義変更ができないことがあるので、行政書士などの専門家に相談するのが無難です。

法定相続人が一人しかいない場合

この場合には、遺産分割協議書の作成は不要です。

相続人が一人しかいないことを証明するため、被相続人の戸籍は必要となりますが、そもそも協議する相続人がいませんので、遺産分割協議書がなくても相続手続きを進めることができます。

遺産分割協議というのは、被相続人(亡くなった方)の遺産を、誰がどれだけ取得するのかを相続人同士で話し合うことです。そして、遺産分割協議の結果を書面にしたものが、遺産分割協議書となります。遺産分割協議書は、相続人間の相続分を書面で明確にするという目的だけではなく、例えば相続財産の中に不...

遺産分割協議書は重要な書面です

遺産分割協議書は法律で作成しなければならない、と決められているわけではありません。

しかし、相続手続きにおいて遺産分割協議書が必要となることもありますが、何よりも後の相続トラブルを防止するという重要な役割もあります。

話し合いの蒸し返しなどを防ぐためにも、相続人間で遺産をどのように分けるのかを決めた際には、きちんと遺産分割協議書を必ず作成しておきましょう。

なお、当事務所でも遺産分割協議書についての相談を承っております。行政書士は遺産分割協議書をはじめとする書類作成の専門家です。

疑問点やお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

よろしければフォローしてください