ヘソクリも相続財産になる?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル~埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所

ヘソクリというと、妻が夫に内緒でコツコツと貯めてきたお金、というのが典型的な例ですが、もし夫が亡くなって相続が生じたら、このヘソクリは相続財産になるのでしょうか。

離婚の際などに問題となる財産分与では、たとえ専業主婦であっても、夫婦で築き上げてきた財産は夫婦共有のもの、という扱いになるのが一般的です。

では、相続の場合、このヘソクリはどのように扱われるのでしょうか。

ヘソクリが相続財産となる場合も

例えば、専業主婦が長年にわたり、ヘソクリを一生懸命に貯めてきた、といった場合です。

これについては、そもそも夫が稼いできたお金を貯めていたものですから、いわゆる名義預金として、実質的に夫の財産とみなされてしまうのです。

名義預金というのは、例えば、親が子のために子名義の預貯金口座をつくって、その口座に親が預金していた、あるいは自分の財産を移していた、といった口座のことです。 親が子名義などで預貯金をしている、というのは決して珍しいことではありません。 目的は様々ですが、子の将来のための蓄えとして、あるいは親が将来の相続を見越して、相続税対策として行っている、というケースがあるかもしれません。 しかし、この名義預金には注意しなければいけない点があります。

つまり、たとえヘソクリを妻名義で預金していたとしても、夫の財産とみなされる名義預金として、相続税の課税対象になるということになります。

ただし、妻自身の所得がかなり多いような場合には、妻の固有財産という部分が大きいですから、これについては、妻名義の預貯金が夫の相続財産とみなされる可能性は低いと思われます。

ヘソクリといっても、長年にわたってコツコツ貯めていれば、かなりの額になっている方もいるかと思います。

そして、相続が生じたときに、もしこの点の申告漏れを税務署に指摘されるようなことになると、場合によっては相続税の追徴課税といったことになってしまうかもしれません。

たかがヘソクリ、されどヘソクリですから、くれぐれも注意しましょう。

よろしければフォローしてください

このコンテンツをお届けした
よくわかる相続と遺言書のマニュアルの最新情報をいいねしてチェック!

関連コンテンツ