相続における代襲相続とは?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル~埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所

代襲相続というのは、本来相続人となる人が、相続の開始前に死亡していたり、相続欠格や相続廃除で相続権を失っているような場合に、本来相続人となる人の子が代わって相続するという制度です。

つまり、被相続人(亡くなった方)の子がすでに亡くなっているようなときは、被相続人からみて孫が代わって相続する、というのが典型的なパターンです。

代襲相続となる主なケース

前述のケースは、被相続人の孫がいる典型的な例ですが、代襲相続は他にもパターンがあります。

例えば、被相続人の相続人が配偶者と兄弟姉妹で、兄弟姉妹の誰かが亡くなっていれば、その兄弟姉妹の子(甥や姪)が代襲して相続することになります。

なお、被相続人の直系卑属(直系で自分よりも下の世代)、例えば子や孫、ひ孫といった人たちについては、原則として子、孫、ひ孫、といった順に相続権が移っていきます。

ただし、直系卑属ではない兄弟姉妹が相続人となる場合には、甥や姪までの代襲にとどまり、その下の世代には代襲相続は生じません。

代襲相続が生じると相続が複雑になりがち

代襲相続が生じる場合、どうしても相続そのものが複雑になりがちです。

特に、孫が多く、子がすでに亡くなっている場合であったり、兄弟姉妹が相続人となるケースでは、相続する権利者が多数になってくる傾向があります。

代襲相続が生じるような相続については、できれば相続に詳しい行政書士などの専門家と相談しながら手続きを進めていくのが安心でしょう。

当事務所でも、相続手続きなどについての相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

この記事をお届けした
よくわかる相続と遺言書のマニュアルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェック!