相続における法定相続分とは?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル~埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所

まず、被相続人(亡くなった方)の遺言書がある場合には、遺言書の内容が優先されることになり、原則として遺言書の内容通りに相続人等が財産を相続します。

一方、遺言がない場合には、法律上、被相続人の財産はすべて相続人の共有財産となり、誰が何を相続するのかを遺産分割協議(相続人同士の話し合い)で決めていきます。

そして、もし遺産分割協議が調わない場合、民法で定められている割合で遺産分割を行うことになります。

この民法で定められている相続分の割合を、法定相続分といいます。

民法で定められている相続分の割合

まず、配偶者(妻・夫)は、常に相続人となります。

配偶者と他の相続人がいる場合の法定相続分は、次の通りです。

配偶者と子が相続人の場合

配偶者と子が相続人であるときには、配偶者が2分の1、子が2分の1です。

配偶者と父母が相続人の場合

配偶者と父母が相続人であるときには、配偶者が3分の2、父母が3分の1です。

配偶者と被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合

配偶者と被相続人の兄弟姉妹が相続人のときには、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1です。

なお、子や兄弟姉妹が複数いる場合には、それぞれの法定相続分を人数分で割ります。

例えば、配偶者と子が相続人である場合で、子が2人のケースでは、配偶者が2分の1、子が2分の1の相続分を子の人数分で割り、子がそれぞれ4分の1ずつを相続することになります。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

この記事をお届けした
よくわかる相続と遺言書のマニュアルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェック!