贈与契約~死因贈与とは?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル~埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所

自分の死後、相続人以外に財産を残したい場合には、遺言による遺贈と死因贈与という方法があります。

どちらも自分の死後に財産を残す、ということには変わりはありませんが、両者は法的な性質が少し異なります。

遺贈との違いとしては、主に以下のような点があります。

遺贈と死因贈与の違い

まず、死因贈与とは、自分が死んだら財産を○○に与える、といった契約です。

これはあくまでも契約なので、財産を贈与する側ともらう側双方の合意が必要です。

これに対して遺贈とは、遺言による財産の贈与をいいます。

遺贈は遺言によるものなので、財産をもらう側に受け取る意思があるかどうかは関係ありません。

つまり、遺贈は遺言による一方的な意思表示であり、死因贈与は贈与する側、される側双方の合意が必要となる契約である点が大きく異なるのです。

遺贈と死因贈与の要件の違い

また、遺贈と死因贈与の大きな違いとしては、遺贈は遺言書で贈与するものですから、必ず書面によるものでなければなりません。

一方、死因贈与は、必ずしも書面で行う必要はありません。法律の理屈上は、口約束であっても契約は成立するからです。

ただし、書面である必要はなくても、当事者の一方が亡くなってしまうと、その契約を後に立証することは非常に困難ですから、通常は死因贈与契約書を作成しておきます。

なお、遺贈の場合、遺言による一方的な意思表示なので、もらう側は遺贈を放棄することも可能です。

そういう意味では、死因贈与の場合、生前に財産をあげる旨をあらかじめ契約しておくことで、財産を残したい人へ確実に財産が渡るようにすることができるメリットがあります。

当事務所では、遺贈や死因贈与契約についての相談も承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

このコンテンツをお届けした
よくわかる相続と遺言書のマニュアルの最新情報をいいねしてチェック!