相続が争族になりやすいケース

よくわかる相続と遺言書のマニュアル~埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所

相続というのは、生前にどれだけ家族の仲がよくても、思わぬところから争族になってしまうことが往々にしてあるものです。

遺言書作成の相談などでは、どのような場合に争族になってしまうのか、といったことを気にしている方がとても多いです。

では、どのようなケースで相続が争族になりやすいのかを、私の経験上からいくつか挙げてみたいと思います。

 争族になりやすい主なケース

相続で問題になるのは、主に次のようなケースです。

親が離婚して再婚相手との間に子がいる場合

相続では、子が第一順位の相続人となります。これは、再婚相手との子であっても変わりません。

また、再婚した相手も配偶者として相続人となりますので、その人たちと遺産分割協議を行わなければなりません。

特に離婚後、何年、何十年も離婚した親とは会っていない、といった場合、他の相続人とも面識がない上に、再婚相手と子からすれば、何年も会っていない人に財産を渡さなければならないというのは抵抗があるものです。

親の介護をしていた相続人がいる場合

例えば、親と同居しながら介護もしていた、という相続人がいると、平等に財産を分けることに納得しにくい場合があります。

特に、介護の期間が長ければ長いほど問題が顕著になりがちです。

親と同居していた相続人がいる場合

親と同居している相続人がいると、親と同居していたことに対する恩恵を得たのではないか、といったことが問題になることがあります。

特に、土地建物が親名義となっているような場合、同居していた相続人が相応の家賃を支払っていたのであればともかく、そうしたケースは稀です。

また、土地建物が親名義ということになると、その不動産も遺産分割の対象となりますので、相続人間で問題が生じる可能性も出てきます。

相続人が遠方にいる場合

相続人が遠方にいるような場合、直接の話し合いがなかなかできず、遺産分割協議でお互いの考え方の食い違いが生じてくるケースもあります。

遺産分割協議は必ずしも相続人が一堂に会して行う必要はありませんが、コミュニケーション不足によるトラブルというのも少なくありません。

親よりも先に亡くなった兄弟姉妹がいる

この場合、親の相続になると、兄弟姉妹の子、つまり甥や姪といった人たちが代襲して相続人となります。

遺産分割協議というのは、人数が多ければ多いほど問題が生じる可能性が高いものです。

普段から甥や姪と交流がない、といったような場合には、やはり問題が生じることも考えられます。

親の生前に財産を贈与してもらった相続人がいる

例えば、住宅ローンの頭金などを親から援助してもらう、といったことは決して珍しいことではありません。これ自体はよく聞く話です。

しかし、いざ相続となると、こうした親からの援助をめぐって相続人間でトラブルが生じることもありますので注意が必要です。

相続人の妻(夫)がお金にシビアな人である

相続というのは、あまり良い言い方ではありませんが、相続人にとっては、まとまったお金が手に入るまたとない機会でもあります。

相続人の配偶者は相続人ではありませんが、間接的、あるいは直接的に相続財産について口をはさんでくることで、遺産分割協議がなかなかまとまらない、ということも少なくありません。

相続対策というのは他人事ではありません

上記の例は、ほんの一例に過ぎません。相続というのは財産や相続人の状況なども様々ですから、100人いれば100通りのケースがあります。

つまり、誰でも争族に巻き込まれてしまう可能性があるということです。

もし、争族にならないようにしたいのであれば、やはり生前の相続対策というのが非常に重要となります。

具体的には、自分の思いを込めた遺言書を残しておくなど、相続人同士ができる限り争わないような対策を講じておきましょう。

遺言書があるからといっても、100パーセント争族にならないとは言えませんが、相続トラブルの可能性をぐっと低くできます。

よろしければフォローしてください

このコンテンツをお届けした
よくわかる相続と遺言書のマニュアルの最新情報をいいねしてチェック!

関連コンテンツ