相続・遺言書専門の行政書士事務所・埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所ホームページはこちら

笑う相続人~故人の遺産が転がり込んで喜ぶ相続人

よくわかる相続と遺言書のマニュアル 相続の知識

被相続人(亡くなった方)の遺産は、民法に定められている相続人が相続することになります。

人が亡くなったときには遺産のことよりも、まず悲しみの気持ちを抱くのが普通の感情です。自分の親や兄弟姉妹など、関係が近ければなおさらのことです。

ところが、被相続人が亡くなったことで相続が生じると、相続人の関係性次第では、思わぬところから遺産が入って喜ぶ相続人が出てくることがあります。

こうした状況で喜んでいる相続人を、俗に『笑う相続人』などといいます。

相続人となる人の範囲が問題となる

相続人の範囲を定めている民法では、被相続人の配偶者は常に相続人となり、第1順位の相続人が子、第2順位の相続人が父母、第3順位の相続人が兄弟姉妹となっています。

そして、これらの相続人の状況によって、被相続人の遺産を相続する権利のある人が決まります。

相続における法定相続分とは?
まず、被相続人(亡くなった方)の遺言書がある場合には、遺言書の内容が優先されることになり、原則として遺言書の内容通りに相続人等が財産を相続します。 一方、遺言がない場合には、法律上、被相続人の財産はすべて相続人の共有財産となり、誰が何を相続するのかを遺産分割協議(相続人同士の話し合い)で決めて...

この相続人の範囲だけを見ると、被相続人と関係性が近い人ばかりのように思えます。

しかし、特に第3順位の相続人となる兄弟姉妹が遺産を相続するケースでは、この『笑う相続人』がよく登場してくるのです。

笑う相続人がよく出てくるケース

被相続人が独身で子もおらず、父母もすでに他界しているといった場合、第3順位の兄弟姉妹のみが相続人となります。

被相続人の兄弟姉妹のみが相続人となる場合の相続手続き
被相続人(亡くなった方)に配偶者や子がおらず、父母もすでに他界しているといった場合、被相続人の兄弟姉妹のみが相続人となるケースがあります。 法定相続人となる人は民法で規定されており、配偶者は常に相続人となり、第1順位の相続人が子で、第2順位の相続人が父母、第3順位の相続人が兄弟姉妹となっていま...

そして、被相続人の父母のどちらかが離婚や死別で再婚していた場合では、父母のどちらかが異なる『半血の兄弟』という人がいるケースがあります。

もちろん例外はありますが、私の経験上では一般的に、この半血の兄弟姉妹というのは全血の兄弟姉妹とは疎遠になっている、あるいは関係があまり良好ではないケースが多いです。

さらに、その半血の兄弟姉妹がすでに他界していると、代襲相続が生じて半血の兄弟姉妹の子、つまり全血の兄弟姉妹からみて甥や姪といった人が相続人となります。

相続における代襲相続とは?
代襲相続というのは、本来相続人となる人が、相続の開始前に死亡していたり、相続欠格や相続廃除で相続権を失っているような場合に、本来相続人となる人の子が代わって相続するという制度です。 民法第887条(子及びその代襲者等の相続権) 被相続人の子は、相続人となる。 2 被相続人の子が、相続の...

半血の兄弟姉妹の場合、ただでさえ疎遠になっていたり関係が良好でなかったりすることが多いうえに、代襲相続人の甥や姪ともなると、存在は知っているけれども面識がほとんどなかったり、親戚としての付き合いもほとんどないケースが多いものです。

そして、この半血の兄弟姉妹の子、つまり甥や姪といった人にとっては、思わぬところから遺産が転がり込んでくることになり、いわゆる『笑う相続人』となることが多くなるのです。

笑う相続人を生み出さないために

このように、複雑な相続関係になってくると、自分が相続人になるとは思っていなかった、知らなかったということが多々あります。

そのような状況で自分にも相続権があることを知ると、『笑う相続人』と呼ばれる人になりやすいのです。

なお、半血の兄弟姉妹が相続人となる場合の相続分は、全血の兄弟の2分の1になります。

それでも、もし被相続人が多額の遺産を残していれば、そうした『笑う相続人』にもそれなりの遺産が転がり込んでくることになります。

全血の兄弟姉妹にとっては納得のいかないところがあるかもしれませんが、法律で相続権が定められている以上、そうした『笑う相続人』を無視することはできませんし、相続手続きを行うこともできません。

ごく稀にですが、自分はまったく知らない人なので遺産相続は辞退したい、という方も中にはいます。

しかし、相続というのは『もらえるものはもらう』という方がほとんどです。

もちろん、法律上の相続権があるのですから、相続分を主張するのは悪いことではありません。むしろ権利があれば当然のことといえます。

このように、状況によっては複雑な相続人関係となってくることが度々あるのです。

笑う相続人に遺産を相続させたくなければ遺言書が有効

ただし、こうした『笑う相続人』に遺産を相続させない方法がひとつだけあります。

それは、被相続人があらかじめ遺言書を作成しておくことです。

なぜ遺言書が有効なのかというと、兄弟姉妹には遺留分がないため、遺言書で全血の兄弟姉妹だけにすべて遺産を残すことが可能となるからです。

相続における遺留分とは?~兄弟姉妹以外に認められている権利
遺留分というのは、相続にあたって、一定の相続人に対して保証されている相続財産の一定の割合のことです。 遺留分は、被相続人(亡くなった方)からの生前贈与や遺贈によっても奪われる権利ではありません。 ですから、生前贈与や遺贈が多額であったり、特定の相続人に対してのみ相続分が多額であるような場...

もし、自分の相続人が兄弟姉妹だけであることがあらかじめ分かっていて、『笑う相続人』に遺産を残したくない場合には、ぜひ遺言書を作成しておきましょう。

相続の知識
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。
【事務所】〒350-1163 埼玉県川越市四都野台21-20 2F
【TEL】049-293-1091(10:00~19:00)

よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よろしければシェアしてください
よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よくわかる相続と遺言書のマニュアル|埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所