相続・遺言書専門の行政書士事務所・埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所ホームページはこちら

直系尊属と直系卑属とは?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル 相続の知識

相続の法律用語として、『直系尊属』『直系卑属』とった言葉が使われることがあります。

直系尊属は『ちょっけいそんぞく』、直系卑属は『ちょっけいひぞく』という読み方をしますが、一般の方はあまり馴染みのない言葉でしょう。

この直系尊属、直系卑属というのは、相続に関連する民法の条文にも度々出てくる用語ですから、それぞれの意味を簡単に解説してみたいと思います。

直系尊属とは

直系尊属というのは、自分から見て父母や祖父母などといった上の世代のことであり、かつ直通している親族のことを指します。

直通している親族というのは、自分と直接の血縁関係があることを意味します。

ですから、例えば配偶者の父母や祖父母といった人や、叔父、叔母といった人は直系尊属にはあたりません。

ただし、血縁関係がなくても、戸籍上で養子縁組をしていれば、自分の養父母といった人も直系尊属にあたります。

直系卑属とは

直系卑属というのは、自分から見て子や孫、ひ孫といった下の世代で、かつ直通の血縁関係にある人を指します。

直系卑属も直系尊属と同様に、直通している血縁関係のことを意味しますので、例えば自分の甥や姪といった人は直系卑属にはあたりません。

なお、これも直系尊属と同様、戸籍上の養子縁組をしていれば、養子も直系卑属になります。

自分が戸籍に入っていなくても戸籍が取得できる

この直系尊属、直系卑属といった人たちの戸籍に関しては、たとえ自分が戸籍に明記されていなくても取得することが可能です。

ですから、自分の相続人は誰なのか、といったことを確認しておくために、自分の直系尊属や直系卑属にあたる人たちの戸籍を取得するということもできます。

生前にできる簡単な相続対策~自分の親の戸籍を確認する
私たちが実務を行っている中でも時々あるのですが、自分の親が亡くなって戸籍を集めていたら、自分が知らない相続人が出てきた、といったケースがあります。 例えば、被相続人(亡くなった方)に離婚歴があり、前妻との間に子供がいるなどということになると、その子供にも相続権が生じてきます。 また、養子...

自分の家系図を作りたいという人も

前述の通り、直系尊属や直系卑属に関しては、自分が戸籍に記載されていなくても戸籍を取得することができます。

ですから、自分のルーツを残しておくために家系図を作成しておきたい、といった目的で戸籍を取得する方もいます。

以前(平成22年6月の戸籍法改正前)は、除籍簿や改製原戸籍の保存期間が80~100年でしたが、法改正後は150年に延長されています。

なお、この法改正前でも、多くの市区町村では戸籍データを破棄せずに保存していたようです。しかし、すでに保存期間が過ぎてしまったものについては、戸籍データがすでに破棄されてしまっている可能性があります。
特に、人口の多い都市部では、すでに破棄されてしまっているケースが多いかもしれません。

上記の通り、古い戸籍データがすでに破棄されてしまっている場合には、残念ながらそこまでしか戸籍上で確認することはできません。

しかし、人によっては、今なら戸籍だけでも幕末くらいまでのご先祖様を確認することができます。

自分のルーツを調べてみたいという方は、直系尊属にあたる人の古い戸籍を取得してみると、意外な発見があるかもしれません。

相続の知識
このコンテンツが気に入ったら
いいね!してください
最新情報をお届けします。
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。

よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よろしければシェアしてください
よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よくわかる相続と遺言書のマニュアル