内縁(事実婚)の妻は相続できますか?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル~埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所

被相続人(亡くなった方)の財産を相続する相続人の中で、最も相続分の割合が大きいのは配偶者です。

ここでいう配偶者というのは、法律上の(役所に婚姻届を出している)妻や夫のことです。

では、法律上の夫婦ではない内縁関係(事実婚)の場合、妻や夫に相続権は生じるのでしょうか。

内縁関係では法定相続人となることはできません

配偶者として相続人になるためには、法律上の婚姻関係にあることが必要です。

つまり、内縁関係がどれだけ長く続いていたとしても、内縁関係の配偶者には法的な相続権が生じません。

もし、内縁関係の配偶者に財産を譲りたいような場合には、その旨の内容を記した遺言書を作成しておく必要があります。

内縁関係の配偶者以外に相続人がいない場合は

ただし、法定相続人となる人が一人もいないような場合、被相続人の財産はどうなるのでしょうか。

この場合、内縁の配偶者が特別縁故者(被相続人の財産の形成や維持に貢献してきた人)として、例外的に財産の一部または全部を受け取ることができることがあります。

特別縁故者には、被相続人と長年生計を同じくしていた人や、被相続人の療養看護につとめていた人などが該当します。

法律上の夫婦同然に被相続人と長年連れ添い、被相続人の面倒を最後までみてきた人であれば、特別縁故者に該当する可能性は高いといえるでしょう。

内縁関係の場合は遺言書が必須です

しかし、被相続人に法定相続人が一人もいないケースというのは非常に稀です。

ですから、もし内縁の配偶者に財産を残したいのであれば、生前に遺言書を作成しておきましょう。

内縁の配偶者に財産を譲る旨の遺言書があることで、相続人とのトラブルもある程度は防ぐことができます。

当事務所でも遺言書についての相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

このコンテンツをお届けした
よくわかる相続と遺言書のマニュアルの最新情報をいいねしてチェック!