交通事故で亡くなった場合の損害賠償金は相続財産になる?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル

この現代社会では老若男女問わず、たとえ過失がなくても、誰もが交通事故などに巻き込まれる可能性はあります。

そして不幸にも死亡事故に遭ってしまったら、そこで相続が始まることになります。

そこで、遺族となる相続人は交通事故の加害者に対し、損害賠償金を請求する権利も生じてきます。

では、この交通事故で被相続人が亡くなってしまった場合の損害賠償金というのは、被相続人の遺産として扱われるのでしょうか。

損害賠償金は相続財産にはならない

まず結論から言えば、交通事故の損害賠償金というのは、被相続人の遺産にはなりません。

この場合の損害賠償金というのは、あくまでも被相続人の遺族(相続人)が請求する権利なので、相続とは別の問題となるためです。

ですから、仮に高額な損害賠償金が支払われたとしても、その損害賠償金は相続税の課税対象にはなりません。

遺族が取得する損害賠償金の扱いは

遺族(相続人)が受け取る損害賠償金については相続財産ではないことは前述しましたが、所得税法上では遺族の所得として扱われます。

では、その所得に対して遺族に所得税が課せられるのか、という問題が出てきます。

これについて所得税法上では、損害賠償金は所得として扱われますが、所得税は課せられないことになっています。

つまり、損害賠償金というのは相続税も所得税もかからず、何の税金もかからないことになります。

事故後に被相続人がまだ生存していた場合

ただし、交通事故に遭った被相続人が、事故後もまだ生存していて、その事故に対する損害賠償金が支払われることが決まっていた、というケースの場合は少し事情が変わってきます。

まず、相続というのは被相続人の死亡によって発生するものです。

そのため、被相続人がまだ生存している間に損害賠償金が支払われることが決まり、その後に被相続人が死亡した場合には、被相続人自身が損害賠償金を受け取る権利を、遺族である相続人が相続するということになります。

この場合は損害賠償金についても被相続人の遺産という扱いになり、相続税法上は相続税の課税対象に算入されますので注意が必要です。

交通事故というのは過失の有無にかかわらず、いつ、どこで起こるのかわかりません。

相続というと遺産のある高齢者の問題と思われがちですが、交通事故は年齢に関係なく、このようなことで相続が生じるケースもあるので注意が必要です。

よろしければフォローしてください