相続・遺言書専門の行政書士事務所・埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所ホームページはこちら

生前に将来の相続について家族と話し合っておくのは有効?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル 相続の知識

今現在、自分がどれだけ元気であっても、将来、不老不死の薬でも出てこない限りは、いずれ家族は相続という場面に否応なく直面することになります。

そこで、自分が元気なうちに、将来の相続のことについて家族と話し合っておくことは、とても有意義なことです。

これは決して縁起が悪いとか、不謹慎なことではありません。

相続人としても、遺産についてあらかじめ話し合っておくことで、相続人同士のトラブルを防止できるという効果も期待できます。

相続というのは突然やってくることもある

すべての人が、自分の天寿をまっとうできるとは限りません。

通常の社会生活を営んでいれば、不慮の事故や不治の病に襲われることは、誰にでも突然やってくる可能性があるものです。

ですから、普段から将来の相続について家族と話し合っておくというのは、残される家族のためにも大切なことなのです。

遺言書を書いておくとより安心

被相続人(亡くなった方)の遺産は、原則として相続人同士の話し合い(遺産分割協議)で、誰が何をどれくらい相続するのかを決めます。

しかし、被相続人が遺言書を残している場合には、基本的にその遺言内容に沿って遺産分割(被相続人の財産を分けること)が行われます。

つまり、遺言書があることで相続手続きがとてもスムーズになり、相続人の負担も軽減されることになるのです。

家族と相続について話し合っておくとともに、法的な効力の生じる遺言を併せて作成しておくことで、後に相続トラブルとなる可能性がぐっと抑えられます。

遺言書は何度でも書き直すことができます

しかし、家族の状況がずっと安泰とは限りませんし、思わぬ出費などで財産状況が大きく変わる可能性もあります。

ですから、遺言書を書いた後で、内容を変更したいと思うことがあるかもしれません。

そのような場合には、遺言書を書き直すことも可能です。

遺言書というのは何度でも書き直すことができます。ですから、その時々の状況に応じて内容を見直すこともできます。

ただし、事前に家族と相続について話し合っていた内容と、遺言書に書かれている内容があまりにも異なっていると、かえって相続人同士のトラブルが生じてしまうことがありますので注意しましょう。

相続の話は縁起が悪いものではありません

相続というのは、人が亡くなった後の話になります。ですから、そうした話をすること自体、縁起が悪い、不謹慎であると感じる方も中にはいるかもしれません。

しかし、被相続人(亡くなった方)の意思をあらかじめ確認しておくことは、決して縁起の悪い話でも不謹慎な話でもありません。

むしろ、生前にそうしたコミュニケーションがうまくできずに、いざ遺産相続という場面でトラブルになる方が、よほど不幸なことです。

相続対策や遺言書の作成は、自分が元気なうちに、家族とうまくコミュニケーションをとりながら上手に進めていきましょう。

相続だけではなく、人間関係のもつれや悪化というのは、残念ながら法律で解決することはできないのです。

相続の知識
このコンテンツが気に入ったら
いいね!してください
最新情報をお届けします。
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。

よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よろしければシェアしてください
よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よくわかる相続と遺言書のマニュアル