相続放棄をすると生命保険金も受け取れないのですか?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル~埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所

相続放棄というのは、相続人が被相続人(亡くなった方)の財産の相続権をすべて放棄することです。

ですから、相続放棄をした相続人は、原則として被相続人の遺産を一切受け取ることができなくなります。

では、被相続人が加入していた生命保険金の受取人が、相続放棄をした相続人に指定されていたような場合、その保険金を受け取ることはできるのでしょうか。

生命保険金は原則として遺産にはならない

生命保険金は、生命保険の契約上、被相続人の死亡を原因として、受取人に指定されている人に支払われるものです。

つまり、生命保険金は受取人固有の権利という扱いになりますので、被相続人の遺産には含まれません。

ですから、生命保険金については相続放棄をしていても受け取ることができます。

また、受取人を『相続人』と指定していたような場合であっても、保険金を受け取ることが可能です。

相続では、被相続人(亡くなった方)が生命保険に加入していて、死亡保険金がおりるというケースも少なくありません。 通常、死亡保険金というのは、ある程度まとまった額となりますので、これが遺産になるのかどうかでトラブルが生じることもあります。 では、被相続人が死亡したことによっておりる生命保険金は、相続において遺産となるのでしょうか。

生命保険金が受け取れないケース

ただし、生命保険金の受取人が被相続人本人となっている契約の場合、これは被相続人の遺産となりますので、相続放棄をした相続人は保険金を受け取ることはできません。

被相続人が生命保険に加入していたような場合には、相続放棄などの手続きを行う前に、契約内容や受取人などをよく確認しておきましょう。

当事務所では、相続手続き等の相談を承っております。また、相続放棄などの手続きについても、専門家と連携して対応しておりますので、ご不明な点などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

よろしければフォローしてください

このコンテンツをお届けした
よくわかる相続と遺言書のマニュアルの最新情報をいいねしてチェック!
関連コンテンツ
行政書士プロフィール

行政書士 鈴木順一
1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。平成18年の開業当初より、遺言書作成・遺産相続手続き、内容証明郵便の作成代行などを中心とした分野を専門として取り組み、これまで相続相談業務、契約書作成業務、公正証書遺言作成に関する支援業務、遺言執行に関する業務や相続・遺言書作成、事業承継に関する講演、内容証明郵便の作成などで多数の実績がある。事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、きめ細かな顧客への対応を実現し、遺言書作成・遺産相続手続き、内容証明郵便の専門家として大きな信頼を得ている。