不動産(土地)の分筆とは?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル~埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所

相続では、被相続人(亡くなった方)が比較的広い土地を所有してるケースがあります。

そうした場合に、その土地を相続人が分ける、あるいは売却する、また相続税対策として、その土地を『分筆』することがあります。

分筆を行う主なケースや、メリット、デメリットなどは以下のようになります。

分筆とは

分筆というのは、ひとつの土地(一筆)を2つ(二筆)以上の土地に分割して、それぞれを独立した土地にするために行います。

例えば、分筆する前の土地の地番が10だったとすると、その土地を分筆した結果、『10-1』『10-2』といったように、それぞれ枝番がついて独立した土地となります。

分筆を行う主なケース

分筆を行う必要がある主なケースとしては、例えば、土地の一部を売却したい場合などがあります。

また、分筆してそれぞれの土地を相続人が所有したい、といったこともあるでしょう。

分筆の主なメリット

分筆を行う主なメリットとしては、以下のような点があげられます。

  • 土地そのものを分けるので、土地を手放す必要がない
  • 土地をそれぞれ独立させるので、相続人間の不公平感を緩和できる
  • 分筆の方法によっては、土地の評価額が下がることで節税効果がある

分筆の主なデメリット

また逆に、分筆には以下のようなデメリットがあります。

  • 分筆によって土地の評価が下がってしまうことがある(将来の売却に不利)
  • 分筆するには測量などを行う必要があるため、費用がかかる

分筆が必ずしも良い方法とは限らない

上記のように、分筆にはメリットとデメリットがあります。

例えば、分筆は土地の評価額を下げて大きな節税効果がある反面、将来的にその土地を売却する際にはデメリットにもなる可能性がある、ということです。

また、土地の場所や形状などによっては、分筆を行わない方がよいこともあります。

分筆を行うかどうかで迷われている際には、一度専門家に相談してみることをお勧めします。

当事務所では、測量や登記の専門家とも連携して対応しておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

この記事をお届けした
よくわかる相続と遺言書のマニュアルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェック!