相続・遺言書専門の行政書士事務所・埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所ホームページはこちら

一般的な葬式と密葬の違い

よくわかる相続と遺言書のマニュアル 終活

近年、芸能人などの著名人が亡くなった際にも、家族や親しい人だけで密葬を行った、といった報道がされるのをよく聞きます。

この密葬というのは、家族葬とも呼ばれています(厳密には若干異なる部分はあります)。

最近は、こうした形での、いわゆる小さなお葬式を望む方が増えている傾向にあります。

密葬は、家族や親族のみで行われるのが一般的なのですが、いわゆる一般的な葬式との違いはどこにあるのでしょうか。

一般的な葬式との違い

一般的な葬式と密葬の違いは、一言でいうと『参列者をどのくらい受け入れるかどうか』です。

一般的な通夜や葬式というのは、親族だけでなく友人や知人、生前勤めていた会社関係の人、親しくしていた近所の人など、かなり多くの人が参列するのが通常です。

ですから、こうした人たちへの連絡や参列者への対応や準備、葬儀費用など、葬儀を行う家族の負担はとても大きくなります。

葬儀費用など金銭的な負担については、参列者が多ければ多いほど、それだけ負担がかかることにもなり、どのくらいの人が参列するのかといった点を把握するのも大変なことです。

一方、密葬の場合には、基本的に親族や親しい人のみで執り行われるため、一般的な葬儀のように対応に追われるといったことは少なくなり、家族の負担もそれだけ軽くなります。

また、金銭的な面でも、相当額のお布施を納めてかなり立派な戒名をつけてもらう、といったことであれば話は別ですが、葬儀自体の規模が大きくありませんので、それだけ負担が軽くなるということがあるでしょう。

密葬を行う場合の注意点

密葬というのは、基本的に親族や親しい人のみで行うものです。

しかし、故人の交友関係をある程度把握していないと、葬儀が終わってから『なぜ私を呼んでくれなかったのか』というトラブルが生じることもあります。

また、特に地方などでは、葬儀に関する慣習というものが重視される傾向にあります。

たとえ密葬が故人の意思だったとしても、葬送の行い方で親戚関係にある方などとトラブルが生じてしまう、という可能性もあるでしょう。

都市部であっても、例えば会社関係の方や親しかった人が多いような場合、葬儀が終わった後に、『せめてお線香だけでもあげさせてください』という方が、頻繁に自宅に訪れてくることもあります。

こうしたお願いをお断りすることは失礼で難しいものですし、それなりにおもてなしをしなければなりませんので、そういう点では、後に家族の負担が大きくなってしまうことがあるかもしれません。

葬儀のあり方、執り行い方というのは、故人の意思を最大限に尊重してあげたいものですが、実際に葬儀を執り行うのは、他でもない残された家族です。

故人の意思はできる限り尊重しつつも、生前に家族と十分に話し合っておくことも大切でしょう。

終活
このコンテンツが気に入ったら
いいね!してください
最新情報をお届けします。
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。

よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よろしければシェアしてください
よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よくわかる相続と遺言書のマニュアル