相続・遺言書専門の行政書士事務所・埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所ホームページはこちら

被相続人が亡くなるとFacebookアカウントはどうなる?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル 終活

被相続人(亡くなった方)がFacebookを利用していた、ということもあるかと思います。

実際、私もFacebookを利用していますが、Facebook上の友達の年齢層はとても幅広く、高齢者の方ともコミュニケーションを楽しんでいます。

では、もしFacebookを利用していた方が亡くなってしまった場合、所有していたアカウントはどのように扱われるのでしょうか。

この点について、Facebookではアカウントを持っていた方が亡くなった場合の選択肢が規定されています。

追悼アカウント管理人を指名しておく

Facebookでは、利用者が亡くなったことを通知された時点で、その方のアカウントは『追悼アカウント』に移行します。

そして、以後は『追悼アカウント管理人』がアカウントを管理することになります。

追悼アカウント管理人とは、Facebookを利用していた方が亡くなった場合に、アカウントを管理してもらう人のことです。

この追悼アカウント管理人は、Facebookの設定で指定しておくことができます。

追悼アカウント管理人の設定は、Facebookの一般アカウント設定で行います。

参考追悼アカウント管理人とは何ですか。また、その人ができることは何ですか。

アカウントの削除も可能

自分の死後、アカウントを一切残したくない場合には、自分のアカウントを削除することも可能です。

アカウントが削除された場合には、当然にことながらFacebook上からデータがすべて削除されますので、これまで投稿された内容を誰も見ることができなくなります。

この場合、指定した追悼アカウント管理人がFacebookに対してアカウントの削除依頼をすることになります。

参考自分のアカウントを完全に削除するにはどうすればよいですか。

Facebookを利用している方は設定しておくことをお勧めします

Facebookの追悼アカウント管理人については、あらかじめ自分で設定しておくことができます。

もし、自分の死後にもアカウントを残したい、あるいは削除してもらいたいという希望があるのであれば、追悼アカウント管理人を設定しておきましょう。

追悼アカウントとして残しておけば、自分の死後も家族や友達はシェアした投稿を引き続き見ることができます。

また、Facebook上でグループを作成することで、限られた人のみ被相続人の投稿を見ることができるようにすることも可能です。

Facebookに限らず、SNSをはじめとするインターネット上の様々な個人情報の管理、行く末を考えておくということも、大事な終活の一環でもあります。

これは、いわばデジタル遺品を整理するための『デジタル終活』です。

こうした点についても、ぜひ生前に考慮しておきましょう。

終活
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。
【事務所】〒350-1163 埼玉県川越市四都野台21-20 2F
【TEL】049-293-1091(10:00~19:00)

よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よろしければシェアしてください
よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よくわかる相続と遺言書のマニュアル|埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所