相続・遺言書専門の行政書士事務所・埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所ホームページはこちら

相続に備えて財産目録を作成しておきましょう

よくわかる相続と遺言書のマニュアル 終活

自分の財産がどれくらいあるのか、どのようなものがあるのか、といったことを記載しておくのが財産目録です。

相続においては、様々な手続きなどが必要となります。

ですから、被相続人(亡くなった方)がどのような財産を残しているのか、ということをきちんと把握できるようにしておくことは、実際に手続きを行う相続人が助かることにもつながります。

では、財産目録に何をどのように書いておけばいいのかという点を、ポイントとしてあげてみましょう。

財産目録を作成する際のポイント

財産目録を作成するにあたっての主なポイントは、以下のようになります。

不動産

不動産については、登記簿謄本や権利証に記載されている通りに、地番や家屋番号などを正確に書いておきましょう。

不動産の登記簿謄本は法務局で取得することができます。

金融機関などの預貯金

預貯金に関しては、口座をつくっている銀行名や支店名、口座番号を記載しておきます。

株式などの有価証券

有価証券は種類や銘柄、数量といったものを記載しておきましょう。

保険

加入している保険については、保険会社名や証券番号といったものを記載しておきます。

美術品や骨董品など

美術品や骨董品なども、財産的価値があるものは相続税の課税対象となる場合があります。

こうしたものを所有している場合には、相続人が困らないようにしておきましょう。

美術品や骨董品などを所有している場合の注意点
美術品や骨董品といったものを集めるのが趣味、という方も少なくありません。 こうした美術品や骨董品の価値を鑑定する、といった番組も人気です。 しかし、注意しなければならないのは、こうした美術品や骨董品など財産的価値のあるものに関しては、相続税の課税対象となることです。 数万円から数十...

負債(借金)

相続財産には、不動産や預貯金だけでなく、被相続人の債務も含まれます。

負債については、相手の名前(会社名など)と金額をきちんと記載しておきましょう。

情報はできるだけ詳しく記載しておく

上記の財産内容は主なものですが、その他にも財産の種類がある場合には、その内容も詳しく記載しておきます。

財産目録を作成してから年月が経過すると、金額や価格などの情報が変わってくる場合がありますので、必ず作成した日付も書いておきましょう。

このような財産目録は、自分の財産がどれくらいあるのかといった再確認にもなりますし、先にも述べた通り、相続手続きを行う際の貴重な資料となります。

もし遺言書を書くのは少し面倒、という方は、こうした財産目録だけでも作成しておけば、いざ相続となった場合にも、相続人が財産内容を把握しやすくなります。

財産目録には決まった形式はありません。あくまでも相続人が財産内容を把握しやすくするためのものですから、パソコンなどで作成しておいても問題ありません。

また、最近ではエンディングノートという形で様々な情報を書き込んでおけるものが市販されていますので、そういったものを活用してもよいでしょう。

エンディングノートの役割について
エンディングノートとは、自分の人生をどのように締めくくるのかを考え、自分の意思や希望を書き記しておくためのノートなどの総称です。 遺産相続の分割方法などを決め、法的な効力が生じる遺言書とは異なり、エンディングノートの書き方、形式は自由です。 そのため、遺言書のように書式や形式にとらわれる...

自筆証書遺言に財産目録を添付する場合

ただし、もし自筆証書遺言に財産目録を添付したい、という場合については、財産目録も手書きでなければ有効となりませんので注意しましょう。

前述の財産目録は、あくまでも自分の財産の洗い出しと、相続人が手続きを行う際の手間を、できるだけかけないようにするためのものです。

こうした資料があるだけでも、相続手続きの流れがとてもスムーズになりますので、終活の一環として、ぜひ作成しておくことをお勧めします。

終活
このコンテンツが気に入ったら
いいね!してください
最新情報をお届けします。
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。

よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よろしければシェアしてください
よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よくわかる相続と遺言書のマニュアル