遺言書を作成する際の注意点

よくわかる相続と遺言書のマニュアル

相続対策として遺言書を作成する方が増えてきていますが、遺言書の作成は相続人の負担を軽減するだけでなく、ほかにも様々なメリットがあります。

ただし、遺言書の内容によっては、遺言書があることで、かえって相続トラブルが生じてしまう、といったことにもなりかねません。

遺言書を作成する際には、主に以下のような点に注意しましょう。

すべての財産について正しく記載しているか

相続する財産というのは、不動産や預貯金だけでなく、およそ金銭的な価値があるものはすべて対象となります。

不動産や預貯金だけでなく、すべての財産について細かく記載するようにしましょう。

すべての財産が記載されていないと、相続人間でトラブルが生じる可能性が高くなります。

多くの相続財産がある場合には、生前にあらかじめ財産目録を作成しておくのも、有効な対策です。

特別受益や遺留分に配慮する

特定の相続人に対してのみ生前贈与を行っていたり、相続人の遺留分に配慮していない場合などでは、遺言書の内容によってトラブルが生じる可能性があります。

特別受益や遺留分というのは、相続の際にトラブルとなりやすい点なので、十分に注意しましょう。

遺留分というのは、相続にあたって、一定の相続人に対して保証されている相続財産の一定の割合のことです。 遺留分は、被相続人(亡くなった方)からの生前贈与や遺贈によっても奪われる権利ではありません。 ですから、生前贈与や遺贈が多額であったり、特定の相続人に対してのみ相続分が多額であるような場合には、権利をもつ相続人の遺留分を侵害してしまう場合があります。
被相続人(亡くなった人)が生前に、被相続人から特別の利益を受けていた相続人がいる場合、遺産分割の際に他の相続人からすれば、当然不公平だと感じるでしょう。 この不公平を是正して、それぞれの相続分を決めましょうというのが、特別受益の制度です。 例えば、被相続人の生前、長男だけが自宅を購入する際に被相続人から1,000万円の資金を出してもらっていたといった場合、本来であればこの1.000万円は遺産として残っていたはずの財産です。 ですから、他の相続人からすれば、この本来残っていたはずの遺産を考慮してもらわないと不公平と感じるわけです。

予備的遺言も記載しておく

遺言書を作成しても、それからすぐに遺言者が亡くなるとは限りません。

そして、遺言書を作成してから年月が経てば、財産状況などに変化があるかもしれません。

そのような場合に備えて、もし財産状況の変化が生じた際にも対応できるよう、予備的遺言も書き込んでおくことをお勧めします。

予備的遺言というのは、『もし○○のときは○○とする』など、状況の変化に応じて予備的に書き込んでおくものです。

付言事項で自分の思いを記載しておく

例えば、『長男にはよく面倒を見てもらった』など、特定の相続人に財産を多く残したい理由を付言事項として記載しておくことで、他の相続人が納得しやすくなる効果が期待できます。

また、付言事項で自分の思いをしっかりと記載しておけば、相続トラブルをぐっと抑えることができるかもしれません。

遺言書を作成する際には、付言事項も書き込んでおくとよいでしょう。

遺言書には、財産に関することなど以外に、相続人へのメッセージを書き添えることも可能です。 このメッセージのことを『付言事項』といいます。 付言事項には、基本的に何を書いても構いません。 例えば、『私が亡くなった後は、お母さんを大事にするように』『兄弟仲良くしてほしい』などといったような、相続人へのメッセージや希望を書き記すのが一般的です。

専門家と相談しながら作成するのが安心

遺言書というのは、ただ書いておけばよいというものではありません。

形式的な部分だけでなく、財産内容や相続人の状況など、様々な点を考慮しながら作成する必要があります。

ですから、遺言書の内容については、書類作成の専門家である行政書士などと相談しながら作成することをお勧めします。

当事務所でも、遺言書についての相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

行政書士プロフィール

行政書士 鈴木順一
1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。平成18年の開業当初より、遺言書作成・遺産相続手続き、内容証明郵便の作成代行などを中心とした分野を専門として取り組み、これまで相続相談業務、契約書作成業務、公正証書遺言作成に関する支援業務、遺言執行に関する業務や相続・遺言書作成、事業承継に関する講演、内容証明郵便の作成などで多数の実績がある。事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、きめ細かな顧客への対応を実現し、遺言書作成・遺産相続手続き、内容証明郵便の専門家として大きな信頼を得ている。

よろしければフォローしてください

このコンテンツをお届けした
よくわかる相続と遺言書のマニュアルの最新情報をいいねしてチェック!

関連コンテンツ