公正証書遺言の正本と謄本の違い

よくわかる相続と遺言書のマニュアル

公正証書遺言は公証役場で公証人が作成する遺言書で、通常は原本、正本、謄本の3通が作成されます。

このうち、正本と謄本については遺言者本人に手渡されますが、原本については公証役場に保管されることになります。

では、この公正証書遺言の原本、正本、謄本の違いはどこにあるのでしょうか。

基本的にはすべて同じものです

公正証書遺言の原本、正本、謄本の違いを簡単に説明すると、以下のようになります。

原本

公正証書遺言作成の際に、遺言者や証人、公証人が署名押印したものです。

この原本は通常、印鑑証明書とともに公証役場で保管されます。

正本

遺言者や証人の署名押印は省略されていますが、原本と内容はまったく同じものです。

謄本

原本をコピーしたものです。これも原本と内容はまったく一緒です。

謄本のイメージとしては、分かりやすく言うと、一般の方でも普段よく役所で取得する機会の多い、住民票や戸籍謄本と同じです(住民票や戸籍の原本は役所にあります)。

いずれも公正証書としての効力は変わりません

正本、謄本は、どちらも法的効力をもつ公正証書遺言に変わりはなく、どちらを使用しても各種相続手続き等を行うことができます。

一般的には、公正証書遺言の正本は遺言執行者などが保管し、謄本については控えとして遺言者(被相続人)が保管しておくことが多いと思います(特に保管の方法が定められいるわけではありません)。

また、公正証書遺言は原本が公証役場に保管されているため、例えば、仮に謄本などを紛失してしまったとしても、一定の手数料を支払えば公証役場で再発行してもらうことが可能です。

当事務所でも、公正証書遺言についての相談や作成についてのサポートを行っております。公正証書遺言のことでの疑問点やお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

よろしければフォローしてください