公正証書遺言の正本と謄本の違い

よくわかる相続と遺言書のマニュアル

公正証書遺言は公証役場で作成する遺言書で、通常は原本、正本、謄本の3通が作成されます。

このうち、正本と謄本については遺言者本人に渡されますが、原本、正本、謄本の違いはどこにあるのでしょうか。

基本的にはすべて同じものです

公正証書遺言の原本、正本、謄本の違いを簡単に説明すると、以下のようになります。

原本

公正証書遺言作成の際に、遺言者や証人、公証人が署名押印したものです。この原本は公証役場で保管されます。

正本

遺言者や証人の署名押印は省略されていますが、原本と内容は同じものです。

謄本

原本をコピーしたものです。

いずれも公正証書としての効力は変わりません

正本、謄本は、どちらも法的効力をもつ公正証書遺言に変わりはなく、どちらを使用しても相続手続き等を行うことができます。

一般的には、公正証書遺言の正本は遺言執行者が保管し、謄本を遺言者が保管しておくことが多いと思います。

また、公正証書遺言は原本が公証役場に保管されているため、仮に謄本などを紛失してしまったとしても、公証役場で再発行してもらうことが可能です。

当事務所でも、公正証書遺言についての相談や作成についてのサポートを行っておりますので、公正証書遺言のことでご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

このコンテンツをお届けした
よくわかる相続と遺言書のマニュアルの最新情報をいいねしてチェック!