遺言書を隠してしまったらどうなりますか?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル

例えば、自分の親が亡くなって年月が経過し、兄弟姉妹との遺産分割も無事に終わって、親の遺品を整理していたら遺言書がひょっこり出てきた、といった場合、その遺言書はどうなるでしょうか。

そして、仮に遺言書を見つけた相続人が、今さら遺言の内容でモメたくない、という思いから、その遺言書を隠してしまったとします。

では、そうした場合、法律的にどのようなことになるのかを考えてみたいと思います。

遺言書を隠してしまうと相続欠格に該当

まず、民法では、遺言書の存在を知っていたにもかかわらず、それを隠してしまうような行為をすると、相続欠格に該当することになっています。

相続欠格というのは、一定の要件に該当すると、相続人としての地位をはく奪されてしまうことです。

遺言書を隠してしまうというのは、まさにこの要件に該当することになり、相続人としての地位をはく奪されてしまうことになってしまうのです。

相続欠格というのは、本来相続人に該当する人であっても、相続権をはく奪されて相続人となれない場合のことです。 相続欠格については、家庭裁判所の審判等は必要ではなく、相続欠格に該当した時点で相続権を失います。 民法では、以下のような人について相続欠格を定めています。

さらに社会的な制裁も

さらに、遺言書の存在を知っていた、あるいは見つけたにもかかわらず、遺言書はないと嘘をついたり隠してしまったりすると、これは刑法に違反する行為、つまり犯罪として罰せられてしまいます。

これは私用文書等毀棄罪という立派な犯罪行為であり、これに違反した者は5年以下の懲役に処すると定められています(刑法第259条)。

つまり、相続人としての地位をはく奪される上に、刑法の懲役刑に処せられてしまう可能性があるということです。

遺言書が出てきたら相続人同士でまずは話し合う

遺言書がある場合には、原則として遺言書の内容に従って遺産分割を行うことになります。

ただし、相続人全員が遺言と異なる遺産分割に承諾した場合には、相続人同士で決めた遺産分割で相続することも可能です。

もし、遺品整理などで遺言書が後から出てきた場合には、隠したり破棄してしまったりせず、まずは他の相続人と相談しましょう。

その上で、遺言書の内容で遺産分割をやり直すのか、相続人全員で決めた遺産分割でよいのかを判断していくことになります。

確かに、遺言書の内容によっては、相続人同士のモメ事に発展してしまうかもしれません。

しかし、遺言書というのは、故人が相続人に対しての思いを書き綴った大事なメッセージです。

できるだけ故人の意思を尊重してあげる方向で話し合うことをお勧めします。

よろしければフォローしてください

このコンテンツをお届けした
よくわかる相続と遺言書のマニュアルの最新情報をいいねしてチェック!
関連コンテンツ
行政書士プロフィール

行政書士 鈴木順一
1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。平成18年の開業当初より、遺言書作成・遺産相続手続き、内容証明郵便の作成代行などを中心とした分野を専門として取り組み、これまで相続相談業務、契約書作成業務、公正証書遺言作成に関する支援業務、遺言執行に関する業務や相続・遺言書作成、事業承継に関する講演、内容証明郵便の作成などで多数の実績がある。事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、きめ細かな顧客への対応を実現し、遺言書作成・遺産相続手続き、内容証明郵便の専門家として大きな信頼を得ている。