相続・遺言書専門の行政書士事務所・埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所ホームページはこちら

遺言書に有効期限はあるのですか?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル 遺言書

遺産分割の手続きも終わり、相続人がほっと一息ついた後に、遺品を整理していたら亡くなった父がずっと昔に書いた遺言書が出てきた、というケースもあります。

相続人からすれば、すでに遺産の分配も決まって手続きまで行ったところで、ひょっこり遺言書が出てきたら困ることもあるでしょう。

しかも、ずっと昔に書かれた遺言書であればなおさらです。

ここで問題となるのは、出てきた遺言書の内容に従ってまた遺産分割をやり直すのか、昔の遺言書だからといって無視してよいのか、という点です。

では、遺言書には有効期限というものはあるのでしょうか。

遺言書には有効期限がありません

結論から言えば、遺言書に法定されている有効期限というものはありません。

たとえ何十年前に書かれた遺言書であっても、遺言書としての形式が有効なものであれば、法的な効力を失うことはありません。

ですから、もし古い遺言書が出てきたとしたら、原則としてその遺言の内容に従って遺産分割をやり直すことになります。

しかし、遺言書を作成してから相当の年月が経過していると、財産や相続人の状況も変わっている可能性が高いと思われます。

そのため、遺言書に書かれている通りに遺産分割を行うのは難しいケースも出てくるのです。

必ずしも遺言書の通りに遺産分割を行う必要はない

前述の通り、相当の年月が経過している遺言書であっても、法定の有効期限というものはありませんから、原則としてはその遺言に従って遺産分割をやり直さなければなりません。

しかし、必ずしも遺言書の通りに行う必要がない場合があります。

それは、遺言書に従って遺産分割を行わないことについて、相続人の全員が合意すれば、遺言書とは異なる遺産分割を行うことが可能だからです。

つまり、遺言書による遺産分割ではなく、相続人全員で遺産分割協議を行っていれば、必ずしも遺言書に書かれている通りに遺産分割をやり直す必要はないのです。

もっとも、相続人の中に一人でもその合意に反対する人がいれば、遺言書に従って遺産分割を行わざるを得なくなります。

遺言書の通りに遺産分割できない場合

遺言書に有効期限がないことは前述しましたが、もし遺言書に書かれている財産が生前、すでに処分されてしまっていたらどうなるでしょうか。

例えば、遺言書に記載されている不動産がすでに売却されていた、などといった場合です。

そのような場合、処分された財産の全部または一部が撤回されたものとされます。

遺言書に書いてある財産がなかったら?
遺言書を作成しても、当たり前ですが、作成した後すぐに亡くなるとは限りません。場合によっては、遺言書を作成してから何十年も経ってから亡くなることもあるでしょう。 遺言書には法定の有効期限といったものはありませんが、遺言書を作成してから年月が経っていると、作成した当時とは財産内容や相続人の事情など...

こうしたことから、本来もらえるはずの遺産がもらえないなどが原因となり、そこで相続人同士のトラブルが発生する可能性も出てくるでしょう。

これから遺言書を作成する方は

このように、遺言書が作成されてから相当の年月が経過してしまうと、結果として自分の意思とは違った形で遺産分割を行わざるを得なくなる可能性が高くなります。

また、遺言書に書かれている内容と、実際に存在する遺産が異なるような場合には、やはり相続人間でのトラブルの引き金にもなりかねません。

これから遺言書を作成する方は、少なくとも数年に一回くらい、できれば毎年でも、遺言書の内容を見直してみることをお勧めします。

遺言書
このコンテンツが気に入ったら
いいね!してください
最新情報をお届けします。
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。

よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よろしければシェアしてください
よろしければ鈴木順一(行政書士)をフォローしてください
よくわかる相続と遺言書のマニュアル