遺言執行者の役割とは?

よくわかる相続と遺言書のマニュアル

遺言執行者の主な役割としては、遺言内容の執行に必要となる各種の手続きを行うことにあります。

遺言書の内容によっては、被相続人(亡くなった方)の死亡と同時に効力が生じるものもあれば、遺言の内容を実現するために手続きを要するものもあります。

そうした手続きを行う役割を担うのが遺言執行者です。

遺言執行者の具体的な役割

遺言執行者の役割としては、一般的には相続財産の管理を行うとともに、遺産の分配に関する各種の手続きを行うことにあります。

遺言執行者というのは、簡単に言うと、遺言書の内容を実現するための人、ということになります。 法律上は、相続人全員の代理人ということになっていますが、遺言執行者の役割などを考えると、むしろ被相続人(亡くなった方)の代理人、という方が近いかもしれません。 遺言者は、自分の財産を自由に処分することができます。 しかし、その処分(遺産分割)のやり方によっては、相続人間でトラブルが生じる場合も少なくありません。 そこで、遺言の内容を確実に実現してもらうために、遺言書の中で遺言執行者をあらかじめ指定しておき、遺言執行者に遺言の内容を執行してもらうのです。

また、例えば、遺贈などに伴う登記の移転や、何らかの物を引き渡すことが必要となることもありますし、遺言による認知を行う場合には、戸籍の届出が必要となります。また、遺言内容に相続廃除の意思表示があれば、家庭裁判所に対する請求も必要です。

このように、相続人自身が積極的に行うことが期待できないような手続きを、相続人に代わって行うのも遺言執行者の役割です。

遺言執行者の指定について

遺言執行者は、遺言書によってあらかじめ指定されていることがほとんどです。

ただし、遺言書で指定されている遺言執行者が、遺言執行者となることを辞退したり、指定されている遺言執行者が未成年であるような場合には、家庭裁判所が利害関係人の請求によって遺言執行者を選任することもあります。

遺言執行者を選任しておく意味

遺言執行者は、必ず選任しなければならないものではありません。

しかし、遺言書の内容を確実に執行してもらうことを希望するのであれば、あらかじめ遺言書の中で遺言執行者を選任しておくことが重要です。

遺言執行者を選任する意味は、遺言の内容を被相続人の希望通りに実行してもらうことにあります。

ですから、遺言書を作成する場合には、遺言執行者を指定しておくのが安心なのです。

なお、遺言執行者は、基本的に相続人を含めて誰でも就任することができますが、未成年や破産者については就任することができません。

遺言執行者の職務というのは重責を伴います。ですから、そうした役割をよく理解し、できれば相続に関して利害関係のない第三者を指定しておくのがよいでしょう。

当事務所でも、遺言執行者についての相談を承っておりますので、ご不明な点などがあれば、お気軽にお問い合わせください。

よろしければフォローしてください

このコンテンツをお届けした
よくわかる相続と遺言書のマニュアルの最新情報をいいねしてチェック!
関連コンテンツ
行政書士プロフィール

行政書士 鈴木順一
1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。平成18年の開業当初より、遺言書作成・遺産相続手続き、内容証明郵便の作成代行などを中心とした分野を専門として取り組み、これまで相続相談業務、契約書作成業務、公正証書遺言作成に関する支援業務、遺言執行に関する業務や相続・遺言書作成、事業承継に関する講演、内容証明郵便の作成などで多数の実績がある。事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、きめ細かな顧客への対応を実現し、遺言書作成・遺産相続手続き、内容証明郵便の専門家として大きな信頼を得ている。