相続・遺言書専門の行政書士事務所・埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所ホームページはこちら

相続税・贈与についてのコンテンツ一覧

相続税・贈与についてのコンテンツ一覧です。

相続税・贈与

相続税の配偶者控除について~安易に利用するのは危険

相続税においては、被相続人(亡くなった方)の配偶者のみに認められている相続税の優遇措置が設けられています。 その優遇措置というのは、『配偶者の税額の軽減(配偶者控除)』です。 夫婦のどちらかが先に亡くなった場合に、亡くなった方の配偶者の相続税が一定の金額まではかからないという制度です。 ...
相続税・贈与

農地を相続したら~農地の納税猶予の特例を利用する

被相続人(亡くなった方)が農業を営んでいて、相続人の中に引き続き農業を営む人がいる場合、農地にかかる相続税を大幅に減らすことができる制度があります。 この制度を『農地の納税猶予の特例』といいます。 国としても、農業を営む農家が高齢化などにより減少してきている現状から、日本の農業が衰退して...
相続税・贈与

相続税における基礎控除額とは?

相続というと、真っ先に相続税を考える方が多いかもしれません。 確かに、相続において相続税というのは、とても重要なことではあるのですが、実際に相続税を納めている方というのは全体的にみると、実はそう多くはありません。 全国平均では8パーセント程度、地価が高い東京などでも12パーセント程度と言...
相続税・贈与

比較的簡単な相続税対策~贈与税の配偶者控除の活用

不動産を所有している方にとって、相続というと『気になるのは相続税』という方も少なくありません。 そこで、比較的簡単に行える節税対策として、『贈与税の配偶者控除』を活用して生前贈与を行う方法があります。 この贈与税の配偶者控除は、居住用の不動産そのもの、あるいは居住用の不動産を取得するため...
相続税・贈与

被相続人の死亡前に受遺者(遺贈を受ける人)が死亡していたら?

遺言書で遺贈(遺言書での贈与)するはずだった受遺者(贈与を受ける人)が、被相続人よりも先に亡くなってしまっていた、というケースも少なくありません。 ここで問題となるのは、遺贈そのものが無効となってしまうのか、受遺者の相続人が代襲相続するのか、といったことです。 では、このようなケースでは...
相続税・贈与

相続人でなくても相続税申告が必要となる場合

相続税の申告・納税というのは、基本的に遺産を相続した相続人が行うのが一般的です。 しかし、相続人でなくても、相続税申告・納税が必要となる場合があります。 相続税の申告・納税の義務というのは、相続人に限ったことではありません。 相続人ではない人が相続税の申告・納税を行わなければならな...
相続税・贈与

遺贈を断ることはできますか?~遺贈の放棄

遺贈というのは、遺言で受遺者(贈与を受ける人)に贈与を行うことです。 そして、遺言による遺贈には、包括遺贈と特定遺贈とがあります。 包括遺贈は、例えば『全財産を○○に遺贈する』『財産の2分の1を○○に遺贈する』といったように、一定の割合で財産を譲る意思表示を行うものです。 一方、特...
相続税・贈与

相続における名義預金とは?~相続税の申告が必要なら要注意

名義預金というのは、例えば、親が子のために子名義の預貯金口座をつくって、その口座に親が預金していた、あるいは自分の財産を移していた、といった口座のことです。 親が子名義などで預貯金をしている、というのは決して珍しいことではありません。 目的は様々ですが、住宅ローンの頭金など、子の将来のた...
相続税・贈与

ペットに遺産を相続させる方法はある?

超高齢化社会と言われている中で、いわゆる高齢の『おひとりさま』がペットを飼育していることも多くなってきました。 そこで問題が増えているのが、自分が亡くなった後にペットの面倒を誰が行うのか、ということです。 自分の子など、身内の中で引き続き面倒を見てくれる方がいれば問題はないのですが、様々...
相続税・贈与

生前贈与の基本と注意点は

まず、生前贈与とは、自分の財産を生前に、相続人や孫といった人たちへ贈与することです。 生前贈与の目的として最もポピュラーなのは、相続税の納税額を抑える目的です。 生前に自分の財産を贈与するのは、自分の財産ですからもちろん自由です。自分のお金なのですから、どのように使っても構いません。 ...
相続税・贈与

相続税はどのような財産に課せられるのですか?

相続税は、被相続人(亡くなった方)の相続財産に対して課税される国税です。 相続税が課税される主な財産としては、次のようなものがあります。 基本的に、被相続人名義で所有(名義預金なども含む)していた財産的価値のあるものは、ほとんどが相続税の課税対象となります。 主な相続税の課...
相続税・贈与

贈与契約~死因贈与とは?

自分の死後、相続人以外の人に財産を残したいような場合には、遺言による遺贈と死因贈与という方法があります。 どちらも自分の死後、誰かに財産を残すということには変わりはありません。 しかし、両者は法的な性質が大きく異なります。 遺贈と死因贈与の違いとしては、主に以下のような点があります...
相続税・贈与

相続財産は確定申告が必要ですか?

確定申告は、原則として給与などの収入以外に、事業所得や雑収入など一定額の所得があった場合に行わなければならない手続きです。 主に、会社からの給与所得ではない自営業者の事業所得や、年金等以外に一定の所得がある方が申告の対象となります。 では、例えば自分の親が亡くなり、相続人が自分一人で、預...
相続税・贈与

相続税の特例~小規模宅地等の特例の概要について

一般的に、個人が所有している土地のうち、居住用や事業用のために使用している土地は、今後生活していく上で必要不可欠なものです。 こうした土地も相続税の課税対象となりますが、このような土地に対してそのまま相続税を課税した場合、個人の生活基盤を脅かすことになる可能性があります。 そこで、一定の...
相続税・贈与

相続税と養子縁組についての人数ルール

養子縁組をした結果として、相続税の節税につながることがあります。 もっとも、最初から相続税の節税目的で養子縁組を行うケースは稀ですが、養子縁組をすることによって、結果的に相続税の節税、あるいは相続税がかからなくなることがあります。 養子縁組とは、実際の血のつながりがなくても、法的手続きを...
相続税・贈与

海外在住の日本人が日本の財産を相続した場合の相続税

例えば、海外に長期在住している日本人の方が、日本にいる親が亡くなるなどで生じた相続によって日本国内の不動産などを取得したような場合、日本での相続税の申告は必要なのでしょうか。 長期間海外に在住している場合には、住所は海外ということになります。 そのような場合の相続財産における相続税の主な...
相続税・贈与

遺産分割協議がまとまらない場合の相続税の納税は?

相続税の納税は、申告期限(被相続人が死亡してから10か月以内)までに現金で一括納付するのが原則です。それを超えてしまうと延滞税が課せられることになります。 しかし、この申告期限内に遺産分割協議がまとまらない場合には、相続人の誰がどの財産を相続するのかが確定していませんから、各自の相続税額を算出...
相続税・贈与

不動産投資による相続税の節税対策は慎重に

平成27年から相続税の基礎控除額が引き下げられ、相続税の課税対象者が増えていると言われています。 特に、地価の高い都市部に不動産を所有しているような場合には、かなりの割合が相続税の課税対象となる可能性があります。 そうしたことから、相続税の節税対策のための選択肢として、不動産投資を検討し...