相続・遺言書専門の行政書士事務所・埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所ホームページはこちら

相続手続きについてのコンテンツ一覧

相続手続き

被相続人が亡くなってから10年後でも不動産の名義変更はできる?

相続手続きの中には、相続放棄や限定承認、相続税の申告など、法律で原則的な期限が定められているものがあります。 これらの相続手続きには、被相続人が亡くなってから3か月、10か月といった期限が設けられています。 では、例えば、亡くなった被相続人が所有者として登記されている不動産を、亡くなって...
相続手続き

遺産分割協議をやり直すことはできる?

遺産分割協議とは、相続人間で、誰がどの財産を相続するのかを話し合って決めることです。 民法では、法定相続人の相続分の割合は定められていますが、具体的に誰がどの財産を相続するのかを決めるのが、遺産分割協議です。 遺産分割協議で相続分を決めた後は、基本的にその合意に沿って遺産分割協議書を作成...
相続手続き

面識のない相続人への対応について

相続が生じて、手続きのための戸籍を集めて相続人を確認してみると、自分の知らない、面識のまったくない相続人が存在することが判明した、ということも少なくありません。 遺産分割協議書の作成や相続手続きにおいては、原則として相続人全員の合意や署名捺印などが必要となります。 ですから、もし面識のな...
相続手続き

相続では被相続人の債務(借金)の確認も必ず行いましょう

相続においては、預貯金や不動産といったプラスの財産だけでなく、借金や保証債務などマイナスの財産も同時に相続人が引き継ぐことになります。 遺産を相続するかどうかは、相続が開始したことを知った日(一般的には亡くなった日)から原則として3か月以内に決めなければいけません。この3か月間を熟慮期間といい...
相続手続き

建物の火災保険の相続手続きについて

被相続人(亡くなった方)が不動産を所有していた、あるいは賃貸住宅に入居していたといった場合、被相続人名義で加入していた火災保険についても、相続人は名義変更や解約手続きを行う必要があります。 火災保険については、被相続人の持ち家だけでなく、賃貸住宅でも加入が条件となっていることがほとんどです。 ...
相続手続き

被相続人名義のまま不動産を放置するとどうなる?

不動産の相続手続きでは、遺産分割協議や遺言書によって、その不動産を取得した相続人に名義変更するのが通常です。 しかし、不動産の名義変更をせずに長年そのまま放置している、というケースも決して少なくありません。 これは、不動産の相続登記に期限や義務がないうえに、登記を怠っても罰則がなく、故人...
相続手続き

相続人の住所や連絡先が分からない場合

被相続人が亡くなり、相続手続きなどに必要となる戸籍を確認していると、自分たちがまったく知らなかった相続人であったり、長年音信不通の相続人が出てくることがあります。 このようなケースであっても、それらの人にも遺産を相続する権利がありますので、この人たちを無視して相続手続きを進めることはできません...
相続手続き

相続人の中に行方不明者がいる場合は?

まず、遺産分割協議(相続人同士の話し合い)については、原則として相続人全員が参加しなければなりません。 遺産分割協議に、一人でも参加しないで行われた遺産分割協議は無効となってしまいますし、各種の相続手続きも行うことができません。 しかし、遺産分割協議を行うにあたって、一部の相続人の所在が...
相続手続き

遺産分割協議や相続手続きはいつまでに行えばよいのですか?

遺産分割(相続人間で遺産を分けること)や相続登記などについては、特に法定の期限はありません。 ですから、遺産分割協議を相続人同士がじっくりと行い、相続人全員が納得できる形で遺産分割を行うのが理想です。 しかし、あまりに時間をかけすぎ、不動産などが被相続人(亡くなった方)名義のままになって...
相続手続き

相続人を確定する方法について~戸籍の確認

民法では、相続人となる人の範囲や順位が定められています。この民法で定められている相続人のことを、法定相続人といいます。 そして、相続手続きにあたっては、法定相続人が誰なのかを確定する必要があります。 遺産分割協議(相続人間で遺産をどのように分けるかの話し合い)には、相続人が全員参加する必...
相続手続き

法定相続人が一人の場合でも遺産分割協議書は必要?

遺産分割協議というのは、被相続人(亡くなった方)の遺産を、誰がどれだけ取得するのかを相続人同士で話し合うことです。 そして、遺産分割協議の結果を書面にしたものが、遺産分割協議書となります。 遺産分割協議書は、相続人間の相続分を書面で明確にするという目的だけではなく、例えば相続財産の中に不...
相続手続き

不動産を共有で相続した場合の問題点

被相続人(亡くなった方)の財産に不動産以外めぼしいものがなく、相続人が平等に分けることが難しいケースがあります。 そうした相続においては、被相続人名義の不動産を複数の相続人で共有名義にする、ということも可能です。 確かに、遺産を平等に分けるという意味では、不動産の共有という方法も選択肢の...
相続手続き

相続分なきことの証明書とは?~相続分放棄について

相続分なきことの証明書とは、簡単に言うと『私はすでに前もって財産をもらっていたので、今回の相続での相続分はありません』といったことを宣言する文書です。 つまり、この文書に署名捺印することによって、今回の相続では何もいらない、と宣言してしまうことになります。 これは『相続分の放棄』というこ...
相続手続き

住宅ローンの残債がある場合は相続放棄が必要?

相続財産の中に預貯金などプラスの財産より、マイナスの財産である住宅ローンの残債が多い場合、一概に相続放棄をしなければならないとは限りません。 まず、仮に不動産を売却して、なお負債が残るとしても、ローンの内容や返済方法、返済ができなくなった場合について、どのような契約内容になっているかをよく確認...
相続手続き

生前の相続対策~親の戸籍を取得する

日常生活の中で、自分の戸籍謄本も取得する機会はあまりないかもしれません。 しかし、相続の相談で時々あるのですが、親が亡くなって戸籍を取得し、初めて知らない相続人がいることがわかった、という方も少なくありません。 こうした事実を事前に知っておくのと、いざ相続になってから初めて知るのでは、や...
相続手続き

市町村合併などで戸籍請求先がわからない場合

昨今の市町村合併などで、現在は存在しない旧名の市町村が戸籍に記載されていることがあります。 相続手続きでは相続人を確定して相続手続きを行うために、被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までの戸籍を集める必要があります。 しかし、その戸籍を集めている過程で、現在は存在しない地名が登場し、次...
相続手続き

被相続人が賃貸住宅に住んでいた場合の相続手続き

被相続人(亡くなった方)が賃貸住宅(貸家・アパートなど)に住んでいた場合、相続人が借主の権利を承継することになります。 つまり、被相続人の賃貸借契約の手続きは、相続人が行わなければなりません。 借主である被相続人が亡くなった場合、具体的には、一般的に次のような手続きが必要となります。 ...
相続手続き

遺言執行者が指定されている場合の相続手続き

遺言執行者とは、遺言の内容を実現するための人です。遺言書の中で指定する場合と、家庭裁判所が選任する場合とがあります。 遺言執行者の仕事は、遺言の中でどの範囲まで行うことが指定されているかによって異なります。 一般的には、財産の調査や管理、財産目録の作成、預貯金口座の名義変更や解約手続きな...
相続手続き

相続人の中に被相続人から貸付(借金)を受けた人がいる場合

被相続人(亡くなった人)から貸付を受けた推定相続人(将来相続人となる人)、例えば、亡くなった親からお金を借りていた子がいるような場合です。 住宅ローンの頭金であったり、孫の進学資金であったり、リフォームや建て替えなどに伴い、推定相続人となる子が被相続人である親から借金をする、といった話は決して...
相続手続き

不動産を売却して遺産分割を行う~換価分割

不動産を相続人が分割して相続する場合、主に以下のような方法が考えられます。 共有分割 換価分割 分筆 代償分割 共有分割とは、文字通り相続人の共有名義で不動産を相続するものです。 ただし、共有分割については様々な問題点が多いため、よほどの事情がない限り...