川越で10年以上の経験と実績。相続相談・遺言書作成相談・相続手続き代行は埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所にお任せください。相続・遺言書専門の行政書士がみなさまの相談を承ります。

預貯金の名義変更・解約の手続き

被相続人(亡くなった方)名義の預貯金口座については、相続が生じると基本的に口座は凍結されます。

そこで、凍結された被相続人の口座を名義変更・解約する際には、相続人が手続きを進めることになります。

名義変更・解約に必要となる主な書類等

金融機関で手続きを行う際には、主に以下のような書類等が必要です。

  • 金融機関所定の名義変更・解約依頼書(相続人の実印を押印)
  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍
  • 相続人の戸籍謄本
  • 預貯金通帳・キャッシュカードなど
  • 遺産分割協議書(作成している場合)
  • 相続人全員の印鑑証明書

※必要となる書類等は各金融機関により異なります。

ゆうちょ銀行の手続き

ゆうちょ銀行の場合、ゆうちょ銀行または郵便局に相続確認表をまず提出します。

その後、必要書類の案内が郵送されてきますので、その内容によって必要書類等を提出し、代表相続人の通常貯金口座に払い戻しが行われる流れとなります。

なお、通常の金融機関、ゆうちょ銀行とも、遺言書の有無や相続人の状況、財産内容等によって提出する書類が異なりますので、事前の確認が必要です。

金融機関の相続手続きでお困りの際は

口座の解約・名義変更等の手続きに伴い、ご不明な点やお困りの点がある際には、相続手続きに詳しい行政書士などの専門家にご相談ください。

特に、相続人の状況や財産内容が複雑な場合には、必要な書類等を集めるだけでも大変な作業となります。

当事務所では相続手続きについて、相続手続き一式サポート相続手続き個別サポートといったサービスを行っておりますので、お気軽にお問合せください。

相続・遺言書・終活についての面談相談はこちら

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

行政書士プロフィール

行政書士 鈴木順一

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。

平成18年の開業当初より、遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、これまで相続相談業務、契約書作成業務、公正証書遺言作成に関する支援業務、遺言執行に関する業務や相続・遺言書作成、事業承継に関する講演などで多数の実績がある。

事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、きめ細かな顧客への対応を実現し、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。

  • facebook
  • twitter

主な業務対応地域

西武新宿線・西武池袋線・東武東上線・川越線・埼京線・武蔵野線・有楽町線・副都心線沿線など
埼玉県
川越市・狭山市・所沢市・入間市・ふじみ野市・富士見市・鶴ヶ島市・坂戸市・東松山市・川島町・毛呂山町・志木市・朝霞市・新座市・和光市・さいたま市など
東京都
東村山市・清瀬市・西東京市・東久留米市・東大和市・武蔵村山市・小平市・国分寺市・板橋区・練馬区・豊島区など

※その他の地域でも対応可能な場合がございます。お気軽にご相談ください。

PAGETOP