川越で10年以上の経験と実績。相続相談・遺言書作成相談・相続手続き代行は埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所にお任せください。相続・遺言書専門の行政書士がみなさまの相談を承ります。

相続税の納税資金対策

平成27年からの相続税基礎控除額の引き下げにより、相続税を納税する方が増えています。

特に、不動産以外の財産が少ない、相続税が課せられることが予想されるような場合には、あらかじめ生前に相続税の納税資金対策を行っておくのが安心です。

相続税の納税資金対策としては、主に以下のような方法が考えられます。

土地の境界を確定しておく

不動産以外の財産が少なく、さらに相続税が高額になることが予想される場合、相続した土地を相続人が売却せざるを得ないケースも生じます。

その際、土地には境界杭が埋設されていることが必要となります。

そのため、土地家屋調査士による境界確定測量を行い、あらかじめ境界を確定しておくのが安心です。

万一、相続に際して隣人との境界で紛争となってしまうようなことがあると、土地の境界確定には時間を要する場合もあります。できるだけ早めに対策をしておくことをお勧めします。

生命保険を活用して納税資金を確保する

相続税は現金での一括払いが原則です。

そのため、相続財産に見合う十分な納税資金を確保しておかないと、相続人が納税資金に窮してしまう事態にもなりかねません。

そこで、生命保険を活用し、現金という形で相続人が受け取れるようにしておけば、相続人の負担が軽減されます。

相続税の納税資金対策は専門家に相談を

相続税の納税資金対策は、財産の内容等により様々なケースがあります。それぞれのケースで効果的な対策が異なるということです。

そのため、相続税の効果的な対策を行うには、事前に相続に精通した専門家への相談が必須です。

当事務所では、土地の境界確定や相続税の専門家とも連携して対応しており、当事務所の窓口ひとつで相続に関する様々な相談を承ることが可能です。

ぜひお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

相続・遺言書についての面談相談はこちら

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

行政書士プロフィール

行政書士 鈴木順一

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。

平成18年の開業当初より、遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、これまで相続相談業務、契約書作成業務、公正証書遺言作成に関する支援業務、遺言執行に関する業務や相続・遺言書作成、事業承継に関する講演などで多数の実績がある。

事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、きめ細かな顧客への対応を実現し、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。

  • facebook
  • twitter

主な業務対応地域

西武新宿線・西武池袋線・東武東上線・川越線・埼京線・武蔵野線・有楽町線・副都心線沿線など
埼玉県
川越市・狭山市・所沢市・入間市・ふじみ野市・富士見市・鶴ヶ島市・坂戸市・東松山市・川島町・毛呂山町・志木市・朝霞市・新座市・和光市・さいたま市など
東京都
東村山市・清瀬市・西東京市・東久留米市・東大和市・武蔵村山市・小平市・国分寺市・板橋区・練馬区・豊島区など

※その他の地域でも対応可能な場合がございます。お気軽にご相談ください。

PAGETOP