スポンサーリンク

エンディングノートのすすめ

よくわかる相続と遺言書のマニュアル

エンディングノートとは、自分の人生をどのように締めくくるのかを考え、自分の意思や希望を書き記しておくためのノートです。

遺産相続の分割方法などを記載する遺言書とは異なり、エンディングノートの内容には、相続人が法的に従う義務はありません。

そのため、遺言書のように書式や形式にとらわれることなく、気軽に書くことができるのがメリットです。

近年では、書店などでエンディングノートが市販されていますが、例えばパソコンやスマートフォンに文書を保存しておくといったことも可能です。

スポンサーリンク

死を迎える選択肢や葬儀の方法も多様化しています

近年は医療が高度化しているうえ、葬儀の方法なども多様化してきています。

自分がどのような死を迎えたいのか、どのように送られたいのか、といった選択を自らが行う人が増えてきているのです。

例えば、余命宣告を受けるなどして、すでに死が避けられないような状況になったとき、家族は延命措置をするかどうかの選択を迫られます。

本人がどうしたいのかという意思表示をあらかじめ行っておけば、本人の意思を尊重することができます。

しかし、本人の意思が明確でない場合には、どちらの選択をしても家族には後悔が残るかもしれません。

難しいのは、どちらの選択肢も正解であることです。本人の希望と家族の思いというのは、そう簡単に割り切れるものではありません。

また、葬儀についても、親族のみを中心としたものにするか、仕事関係者や友人、知人、近所の方々にも参列してもらうのかという点も決めなければなりません。

そして、葬儀に僧侶を呼ぶのか呼ばないのか、といったことについても、故人や家族の考え方によって異なります。

法律では、死後24時間以内の火葬、埋葬を禁じているのみで、最近では葬儀を行わず、火葬のみで済ませる直葬を希望する人も少なくありません。

お墓についても同様に、遺骨を墓地以外のところに埋葬しない限りは、誰と、どのようなお墓に入るべきなのかといったことは法律で定められていません。

自宅に遺骨を安置しておいてもらいたい、散骨や樹木葬などといったように、一般的なお墓に入ること以外の選択肢を希望する人も増えてきています。

誰に知らせるのか、死後の手続きなど

いわゆる終末期医療や葬儀の方法だけではなく、自分が亡くなったことを誰に知らせてほしいのか、といった点も重要です。

近年は核家族化が進み、親と離れて暮らす子は、親の交友関係であったり、実印や預貯金の通帳、保険証書といった大事なものの保管場所を知らない、ということも少なくありません。

葬儀が終わった後、故人と交流のあった人や親類などから、なぜ葬儀に呼んでくれなかったのか、といったことでトラブルになるケースもあります。

また、どの金融機関に口座があるのかだけでなく、通信費や光熱費、新聞などの購読代などを自分の預貯金口座から引き落としにしている場合も多いでしょう。

そこで、自分が亡くなったら、誰に知らせてほしいのか、どのような手続きが必要なのかといったことをリストにしてあるだけで、残された家族はとても助かるのです。

エンディングノートの本当の役割と限界

このように、エンディングノートに自分の希望や死後の手続きなどを書き記しておくことは、家族にとってとても助かることです。

また、普段思っていてもなかなか口では言えない、家族への感謝の気持ちなどを書いておくのもよいでしょう。

ただし、エンディングノートの内容というのは前述のとおり、法的な効力はありません。

自分で生前にしっかり準備していたとしても、実際にそれを実行するのは残された家族です。

とはいえ、よほどの無理難題ではない限り、生前に家族関係をしっかりと築いておけば、本人の希望を尊重してくれる可能性は高いものです。

エンディングノートを書く本当の目的というのは、自分の死を見つめなおすだけでなく、家族やまわりの人々との関係も見つめなおす、ということなのです。

スポンサーリンク
行政書士プロフィール

行政書士 鈴木順一
1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。平成18年の開業当初より、遺言書作成・遺産相続手続き、内容証明郵便の作成代行などを中心とした分野を専門として取り組み、これまで相続相談業務、契約書作成業務、公正証書遺言作成に関する支援業務、遺言執行に関する業務や相続・遺言書作成、事業承継に関する講演、内容証明郵便の作成などで多数の実績がある。事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、きめ細かな顧客への対応を実現し、遺言書作成・遺産相続手続き、内容証明郵便の専門家として大きな信頼を得ている。

よろしければフォローしてください