相続人でなくても相続税申告が必要となる場合

相続人でなくても相続税申告が必要となる場合

相続税の申告というのは、遺産を相続した相続人が行うのが一般的です。 しかし、相続人でなくても、相続税申告が必要となる場合があります。 相続税の申告というのは、相続人に限ったことではありません。 相続人ではない人が相続税申告を行わなければならないのは、主に以下のような場合です。

遺産分割協議の前に発生した収益は誰のもの?

遺産分割協議の前に発生した収益は誰のもの?

被相続人(亡くなった方)が、株式や収益不動産を所有していたような場合、相続が生じてから遺産分割協議を行うまでの間にも、配当金や家賃収入等の収益が発生してきます。 また、遺産分割協議が成立するまでに、被相続人の口座が凍結されていなければ、預貯金に利息が加算されることもあります。 では、このように相続から遺産分割協議が成立するまでに生じた収益というのは、誰のものになるのでしょうか。

除籍謄本・改製原戸籍について

除籍謄本・改製原戸籍について

相続人を確定したり、各種の相続手続きを行う際には、通常、被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までの戸籍を集める必要があります。 その戸籍を収集するにあたって、『除籍謄本』『改製原戸籍』といった戸籍も取得しなければならない場合が出てきます。 では、この除籍謄本、改製原戸籍というのは、どのようなものなのでしょうか。

生前に将来の相続について家族と話し合っておくのは有効?

生前に将来の相続について家族と話し合っておくのは有効?

今現在、自分がどれだけ元気であっても、将来、不老不死の薬でも出てこない限りは、いずれ家族は相続という場面に否応なく直面することになります。 そこで、自分が元気なうちに、将来の相続のことについて家族と話し合っておくことは、とても有意義なことです。 相続人としても、遺産についてあらかじめ話し合っておくことで、相続人同士のトラブルを防止できるという効果も期待できます。

かなり高齢になっても遺言書は作れますか?

かなり高齢になっても遺言書は作れますか?

遺言書を作成するにあたっては、特に何歳までという法的な決まりはありません。80歳でも90歳でも遺言書を作成することは可能です。 ただし、遺言をするには、本人に遺言能力、つまり遺言書を自分の意思で作成することができる能力があることが大前提となります。 では、かなり高齢の方が遺言書を作成する場合、どのような点に注意すべきなのでしょうか。

相続人が海外にいる場合の遺産分割協議について

相続人が海外にいる場合の遺産分割協議について

遺産分割協議というのは、被相続人(亡くなった方)の遺産の配分を、相続人同士で話し合うことです。 遺産分割協議は、原則として相続人となる人が全員参加しなければなりません。 一人でも遺産分割協議に参加しない場合には、その協議は無効となります。 では、もし相続人が海外にいるような場合、どのように協議を行えばよいのでしょうか。

遺言執行者の役割とは?

遺言執行者の役割とは?

遺言執行者の主な役割としては、遺言内容の執行に必要となる各種の手続きを行うことにあります。 遺言書の内容によっては、被相続人(亡くなった方)の死亡と同時に効力が生じるものもあれば、遺言の内容を実現するために手続きを要するものもあります。 そうした手続きを行う役割を担うのが遺言執行者です。

銀行の通帳やカードなどを紛失していても相続手続きはできますか?

銀行の通帳やカードなどを紛失していても相続手続きはできますか?

相続手続きにおいては、被相続人(亡くなった方)の銀行口座があることは間違いなくわかっているが、通帳やカード、印鑑などが見つからない、ということもよくあるケースです。 また、通帳などが見つからなくても、同じ金融機関、支店に複数の口座をもっていた、という場合もあります。 では、そうした場合の金融機関の相続手続きというのは難しいのでしょうか。

未成年者が相続人である場合の相続放棄について

未成年者が相続人である場合の相続放棄について

相続人が未成年者である場合、相続手続きを進めるうえでは通常、『特別代理人』を家庭裁判所に選任してもらう必要があります。 法律上、未成年者は単独で法律行為をすることができない、と定められているため、遺産分割協議などの法律行為を行う際には、利害関係のない特別代理人を選任してもらうことになるのです。 では、未成年者の相続人が相続放棄をしたい場合、やはり特別代理人が必要なのでしょうか。

相続放棄をすると生命保険金も受け取れないのですか?

相続放棄をすると生命保険金も受け取れないのですか?

相続放棄というのは、相続人が被相続人(亡くなった方)の財産の相続権をすべて放棄することです。 ですから、相続放棄をした相続人は、原則として被相続人の遺産を一切受け取ることができなくなります。 では、被相続人が加入していた生命保険金の受取人が、相続放棄をした相続人に指定されていたような場合、その保険金を受け取ることはできるのでしょうか。

不動産(土地)の分筆とは?

不動産(土地)の分筆とは?

相続では、被相続人(亡くなった方)が比較的広い土地を所有してるケースがあります。 そうした場合に、その土地を相続人が分ける、あるいは売却する、また相続税対策として、その土地を『分筆』することがあります。 分筆を行う主なケースや、メリット、デメリットなどは以下のようになります。

遺産分割協議書がなくても相続手続きはできますか?

遺産分割協議書がなくても相続手続きはできますか?

遺産分割協議書は、被相続人(亡くなった方)の遺産を、相続人間でどのように分けるのかを決める話し合いである、遺産分割協議の結果を書面にしたものです。 遺産分割協議書を作成するひとつの目的としては、相続人間で話し合った内容をきちんと書面にしておくことで、協議の蒸し返しなどのトラブルを防ぐことがあります。 遺産分割協議書が必要かどうかは、その相続のケースによって異なりますが、相続人が複数いるような場合には、相続手続きにおいても遺産分割協議書が必要となることが多いでしょう。

遺言執行者の辞任・解任について

遺言執行者の辞任・解任について

遺言執行者とは、遺言の内容を実現するための人です。 遺言執行者は、遺言書の中であらかじめ指定しておくのが通常ですが、利害関係者(相続人など)が家庭裁判所に申立てをして決めることもできます。 遺言執行者の職務としては、相続財産の管理や各種の名義変更など、主に財産に関する内容を遺言に従って執行していくことになります。 では、遺言執行者を辞任したり、解任することは可能なのでしょうか。

生命保険金は遺産になる?

生命保険金は遺産になる?

相続では、被相続人(亡くなった方)が生命保険に加入していて、死亡保険金がおりるというケースも少なくありません。 通常、死亡保険金というのは、ある程度まとまった額となりますので、これが遺産になるのかどうかでトラブルが生じることもあります。 では、被相続人が死亡したことによっておりる生命保険金は、相続において遺産となるのでしょうか。

遺言書の保管方法について

遺言書の保管方法について

遺言書をせっかく作成したとしても、いざ相続となったときに相続人が見つけられなければ、遺言書を書かなかったのと同じことになってしまいます。 遺言書が発見されなければ、遺言はなかったものとして、相続人間の遺産分割協議(誰が何を相続するのかという話し合い)によって、遺産分割が行われることになります。 つまり、自分の希望通りに遺産を残すことができなくなるということです。 ですから、遺言書の保管方法というのは、とても大事なことなのです。

遺贈を断ることはできますか?

遺贈を断ることはできますか?

遺贈というのは、遺言で受遺者(贈与を受ける人)に贈与を行うことです。 そして、遺贈には、包括遺贈と特定遺贈とがあります。 包括遺贈は、例えば『全財産を○○に遺贈する』『財産の2分の1を○○に遺贈する』といったように、一定の割合で遺贈を行うものです。 特定遺贈は、特定のもの(不動産や自動車など)を指定して遺贈するものです。 では、もし受遺者が遺贈を断りたい場合、それは可能なのでしょうか。また、どのような手続きが必要なのでしょうか。

遺言書の内容が不公平なので不服申立てはできますか?

遺言書の内容が不公平なので不服申立てはできますか?

遺言というのは、被相続人(亡くなった方)の意思を尊重するために作成されるものです。 ですから、たとえ内容が不公平であっても、法的な要件を満たしている遺言書に対しては、原則として不服申立てをすることはできません。 遺言書というのは、むしろ相続人の相続分に差をつけたいような場合に残しておくものといえます。 そのため、遺言書の内容が不公平であったとしても、法的な要件を満たしている限り、その内容について不服申立てをすることはできないのです。

公証役場の公証人とはどのような人?

公証役場の公証人とはどのような人?

相続手続きの中ではあまり関係はありませんが、公正証書遺言を作成する際には、公証役場での手続きが必要となります。 この公正証書遺言を作成するのが、公証役場にいる『公証人』です。 一般的な生活をしているうえではあまりお世話になることはないかしれませんが、この公証人というのは、どのような人なのでしょうか。

共有名義の不動産の固定資産税について

共有名義の不動産の固定資産税について

不動産を相続すると、その不動産の名義人が今後の固定資産税を支払うことになります。 では、相続人の共有名義で登記されている不動産については、今後誰が固定資産税を負担することになるのでしょうか。 共有相続人それぞれの持分に応じて請求されるのか、一括して請求されるのかが問題となってきます。

被相続人が亡くなってから10年後でも不動産の名義変更はできる?

被相続人が亡くなってから10年後でも不動産の名義変更はできる?

相続手続きの中には、相続放棄や限定承認、相続税の申告など、法律で期限が定められているものがあります。 これらの手続きには、被相続人が亡くなってから3か月、10か月といった期限が設けられています。 では、例えば、被相続人が亡くなって10年経ってから、相続人が不動産の名義変更手続きをすることは可能なのでしょうか。