「 相続税・贈与 」カテゴリー一覧

相続税・贈与についてのコンテンツ一覧です。

比較的簡単な相続税対策~贈与税の配偶者控除の活用

比較的簡単な相続税対策~贈与税の配偶者控除の活用

不動産を所有している方にとって、相続というと『気になるのは相続税』という方も少なくありません。 そこで、比較的簡単に行える節税対策として、『贈与税の配偶者控除』を活用して生前贈与を行う方法があります。 この贈与税の配偶者控除は、居住用の不動産そのもの、あるいは居住用の不動産を取得するための金銭の贈与について、2,000万円までは贈与税がかからないというものです。 贈与税の基礎控除額と合算すると、2,110万円までの贈与が無税で行えることになります。 この贈与は夫婦間で行われることから、『おしどり贈与』とも呼ばれています。

被相続人の死亡前に受遺者が死亡していたら?

被相続人の死亡前に受遺者が死亡していたら?

遺言書で遺贈(遺言書での贈与)するはずだった受遺者(贈与を受ける人)が、被相続人よりも先に亡くなってしまっていた、というケースも少なくありません。 ここで問題となるのは、遺贈そのものが無効となってしまうのか、受遺者の相続人が代襲相続するのか、といったことです。 では、このようなケースでは、遺贈するはずだった財産はどのように取り扱われるのでしょうか。

相続人でなくても相続税申告が必要となる場合

相続人でなくても相続税申告が必要となる場合

相続税の申告というのは、遺産を相続した相続人が行うのが一般的です。 しかし、相続人でなくても、相続税申告が必要となる場合があります。 相続税の申告というのは、相続人に限ったことではありません。 相続人ではない人が相続税申告を行わなければならないのは、主に以下のような場合です。

遺贈を断ることはできますか?

遺贈を断ることはできますか?

遺贈というのは、遺言で受遺者(贈与を受ける人)に贈与を行うことです。 そして、遺贈には、包括遺贈と特定遺贈とがあります。 包括遺贈は、例えば『全財産を○○に遺贈する』『財産の2分の1を○○に遺贈する』といったように、一定の割合で遺贈を行うものです。 特定遺贈は、特定のもの(不動産や自動車など)を指定して遺贈するものです。 では、もし受遺者が遺贈を断りたい場合、それは可能なのでしょうか。また、どのような手続きが必要なのでしょうか。

相続における名義預金とは?

相続における名義預金とは?

名義預金というのは、例えば、親が子のために子名義の預貯金口座をつくって、その口座に親が預金していた、あるいは自分の財産を移していた、といった口座のことです。 親が子名義などで預貯金をしている、というのは決して珍しいことではありません。 目的は様々ですが、子の将来のための蓄えとして、あるいは親が将来の相続を見越して、相続税対策として行っている、というケースがあるかもしれません。 しかし、この名義預金には注意しなければいけない点があります。

ペットに遺産を相続させる方法はある?

ペットに遺産を相続させる方法はある?

超高齢化社会と言われている中で、いわゆる高齢の『おひとりさま』がペットを飼育していることも珍しくはありません。 そうした『おひとりさま』の中には、自分が亡くなったらこの子はどうなるのだろう、という心配をしている方も少なからずいます。 しかし、ペットというのは法律上、『モノ』として扱われているため、どんなに家族同然の存在だとしても、ペットが直接に飼い主の財産を相続することはできません。 では、自分が亡くなった後、残されたペットの面倒を最後までみてもらえるための、主な方法を考えてみたいと思います。

生前贈与の基本と注意点は

生前贈与の基本と注意点は

まず、生前贈与とは、自分の財産を生前に人へ贈与することです。 生前贈与の目的として最も多いのは、相続税の納税額を抑えるためです。 生前に自分の財産を贈与するのは、自分の財産ですからもちろん自由です。しかし、生前贈与の行い方をしっかり理解していないと、後に贈与を受けた人が苦労することになってしまいます。

相続税はどのような財産に課せられるのですか?

相続税はどのような財産に課せられるのですか?

相続税は、被相続人(亡くなった方)の相続財産に対して課税される国税です。 相続税が課税される主な財産としては、次のようなものがあります。 土地・家屋(不動産) 有価証券(株式など) 預貯金 死亡退職金 生命保険金 書画・骨董品など 自動車 ゴルフ会員権など その他財産的価値のある動産など

相続財産は確定申告が必要ですか?

相続財産は確定申告が必要ですか?

確定申告は、原則として給与などの収入以外に、一定の所得があった場合に行わなければならない手続きです。 主に、会社からの給与所得ではない自営業者や、年金等以外に一定の所得がある方が申告の対象となります。 では、例えば自分の親が亡くなり、相続人が自分一人で、預貯金のみで500万円を相続した、といった場合には、翌年に確定申告が必要なのでしょうか。

小規模宅地等の特例とは?

小規模宅地等の特例とは?

一般的に、個人が所有している土地のうち、居住用や事業用のために使用している土地は、生活していく上で必要不可欠なものです。 こうした土地も相続税の課税対象となりますが、このような土地に対してそのまま相続税を課税した場合、個人の生活基盤を脅かすことになる可能性があります。 そこで、一定の部分については評価額を減額し、課税をしないというのが『小規模宅地等の特例』です。

遺言書に書かれている遺贈とは?

遺言書に書かれている遺贈とは?

遺贈とは、遺言によって遺産の全部または一部を、特定の人に贈与することです。 民法第964条(包括遺贈及び特定遺贈) 遺言者は、包括又は特定の名義で、その財産の全部または一部を処分することができる。ただし、遺留分に関する規定に違反することができない。 わかりやすく言えば、『遺言で贈与する』から『遺贈』ということです。

相続税と養子縁組について

相続税と養子縁組について

養子縁組をした結果として、相続税の節税につながることがあります。 養子縁組とは、実際の血のつながりがなくても、法的手続きを経ることで親子関係を結ぶことができる制度です。 そのため、養子縁組を行うと養子にも相続権が生じ、基礎控除額が増えるということになります。

海外在住の日本人が日本の財産を相続した場合の相続税

海外在住の日本人が日本の財産を相続した場合の相続税

例えば、海外に在住している日本人の方が、日本にいる親が亡くなるなどで生じた相続によって日本国内の不動産を取得したような場合、日本での相続税の申告は必要なのでしょうか。 確かに、長期間海外に在住している場合、住所は海外ということになります。 そのような場合の相続税の主な扱いについては、原則として次のようになっています。

遺産分割協議がまとまらない場合の相続税の納税は?

遺産分割協議がまとまらない場合の相続税の納税は?

相続税の納税は、申告期限(被相続人が死亡してから10か月以内)までに現金で一括納付するのが原則です。 しかし、この申告期限内に遺産分割協議がまとまらない場合には、相続人の誰がどの財産を相続するのかが確定していませんから、各自の相続税額を算出することができません。 そうした場合、相続人はどのように相続税を納付すればよいのでしょうか。

不動産投資による相続税の節税対策は慎重に

不動産投資による相続税の節税対策は慎重に

平成27年から相続税の基礎控除が引き下げられ、課税対象者が増えると言われています。 特に、地価の高い都市部に不動産を所有しているような場合には、かなりの割合が相続税の課税対象となる可能性があります。 そうしたことから、相続税の節税対策のためとして、不動産投資を検討している方も多いのではないでしょうか。